X

A blog about Oracle Japan News Portal

  • October 15, 2013

ストレージ新製品「Oracle ZFS Storage ZS3」シリーズ2機種を提供開始

Norihito Yachita
広報室長

オラクルのデータベース製品の運用を効率化し、ビジネス・アナリティクスやビッグデータの処理に適したストレージ新製品「Oracle ZFS Storage ZS3」シリーズ2機種を本日から提供開始することを発表しました。発表資料はこちら

Oracle ZFS Storage ZS3」シリーズは、サプライチェーンの最適化、経営・財務指標の迅速な収集・評価、ビッグデータ分析によるリアルタイムな市場トレンドの把握など、企業のITシステムに不可欠なストレージ基盤を提供します。中規模コンピューティング環境向けの「Oracle ZFS Storage ZS3-2」は、最大768 TBまで拡張可能です。高い性能と拡張性を要求する大規模コンピューティング環境向けの「Oracle ZFS Storage ZS3-4」は、最大3.5 PBまで拡張可能です。「Oracle ZFS Storage ZS3-2」、「Oracle ZFS Storage ZS3-4」ともに、デュアル・コントローラのクラスタ構成に対応します。

Oracle ZFS Storage ZS3」シリーズでは、SSDをファイル・システムの一時記憶領域として扱う「Hybrid Storage Pool」の設計が強化され、メモリ内のデータ重複を削減することにより、領域効率を4倍向上します。また、並列アクセス処理による書き込み性能を強化し、低遅延で一貫した応答時間を実現します。「Hybrid Storage Pool」は、フラッシュによる最適化やマルチコアへの対応などの機能強化を続けており、最新版では従来比、応答性能を2倍向上しています。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.