X

A blog about Oracle Japan News Portal

  • November 11, 2014

小泉成器が営業支援ツール群向けデータベースのストレージ基盤を「Oracle ZFS Storage Appliance」で構築 データ処理量増加に対応

Norihito Yachita
広報室長

本日、家電製品・家庭用品の企画・製造を行う小泉成器株式会社(本社:大阪府大阪市中央区備後町、代表取締役社長:田中 裕二、以下:小泉成器)が小売店や家電製品などの取引先向け営業支援サービスおよび社員向けナレッジ共有システムのデータベース基盤である「Oracle Database Appliance」のストレージ基盤に、Oracle ZFS Storage Appliance」を導入・稼働開始したことを発表します。発表資料はこちら

小泉成器はデータベース群の統合によるデータ量の増加を見据え、「
Oracle Database Appliance」のバックアップ用途に、拡張性に優れた「Oracle ZFS Storage Appliance」を導入しました。将来的には、他の業務システムも含めたバックアップの統合や営業情報などのデータを格納するファイル・サービス基盤としての用途も視野に入れています。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.

Recent Content