X

A blog about Oracle Japan News Portal

  • January 16, 2012

Oracle WebCenterを提供開始 マーケティング効果の最大化と業務生産性の向上を支援

Norihito Yachita
広報室長

本日、マーケティング効果を最大化するWebエクスペリエンス管理、業務生産性を向上し新たなワークスタイルを実現する企業ポータル、さまざまなコンテンツを一元管理する情報共有・流通基盤、社内コミュニケーションを迅速化するソーシャル機能を統合して提供するスイート製品「Oracle WebCenter」の提供を開始したことを発表しました。発表資料はこちら

オラクルではこれまで、CMSや企業の共有ワークスペース、コンテンツ管理基盤などのソフトウェア製品を「Oracle Enterprise 2.0」のブランドのもと、二十数製品に分けて提供していました。企業が社内においては業務生産性を高め、社外に対しては自社のWebサイトを介した顧客エクスペリエンスの向上を図るなど、社内外のユーザーとの関係を効果的かつ効率的に深化させたいというニーズがありました。

この状況を受け、既存製品のコンポーネントを整理し、また旧Fatwire SoftwareCMS製品を統合したユーザー・エンゲージメント・プラットフォームとして刷新し、このたび「Oracle WebCenter」の提供を開始しました。

本日発表した「Oracle WebCenter」によるユーザー・エンゲージメントの事例、そのメリットを理解いただくために、「Oracle WebCenter」の各コンポーネントを導入しているユーザー企業によるセミナーを214日(火)に開催します(セミナータイトル:「Web、ドキュメント、ポータルの事例とその展開構想」)

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.