X

A blog about Oracle Japan News Portal

  • September 12, 2013

日本オラクル、仮想化統合基盤を実現するエンジニアド・システム「Oracle Virtual Compute Appliance」を提供開始

Norihito Yachita
広報室長

仮想化統合基盤を実現するエンジニアド・システム「Oracle Virtual Compute Appliance(オラクル・バーチャル・コンピュート・アプライアンス)」を本日から提供開始したことを発表しました。発表資料はこちら

Oracle Virtual Compute Appliance」は、仮想環境でのアプリケーションをシンプルに構築するために設計されたエンジニアド・システムです。仮想環境の構築に必要なハードウェアとソフトウェアを一体化し、統合基盤として提供することで、アプリケーション利用開始までの時間を短縮します。ソフトウェアで統合的・効率的に管理し、x86サーバーの仮想化におけるアプリケーションを迅速に展開し、構成環境の再現を可能にします。ユーザーは電源を入れてから約1時間*で本番環境を準備し、仮想マシンを数分*で実行することができます。
* オラクル調べ

Oracle Virtual Compute Appliance」は、サーバー基盤にインテル Xeonプロセッサを搭載した「Sun Server X3-2」、仮想テクノロジ「Oracle VM」、ストレージ基盤に「Sun ZFS Storage Appliance」、仮想ネットワーク製品群「Oracle Virtual Networking」の仮想化コントローラ「Oracle Fabric Interconnect」と管理ソフトウェア「Oracle SDN」など、オラクルのハードウェアとソフトウェアで構成されています。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.