X

A blog about Oracle Japan News Portal

  • July 8, 2013

日本オラクル、最速のエンジニアド・システム「Oracle SuperCluster T5-8」の国内提供開始を発表

Norihito Yachita
広報室長

オラクルのエンジニアド・システムズで最も高速な「Oracle SuperCluster T5-8」を本日から提供開始したことを発表します。発表資料はこちら

Oracle SuperCluster T5-8」は、コンピューティング基盤として世界最速*のマイクロプロセッサを搭載した最新の「SPARC T5-8」サーバー、ストレージ・コンポーネント「Oracle Exadata Storage Server」などのオラクル・ハードウェア製品と、オラクルのデータベースやミドルウェアを統合し、構築することで卓越した性能を実現します。その結果、異なるベンダーのハードウェア製品を自社で構築した場合と比較し、データベースおよびアプリケーションの価格性能比を最大10倍向上**します。また、前世代の「Oracle SuperCluster」と比較して、性能を2.5倍向上**します。
* 17個の世界記録を樹立。ベンチマーク結果は「Oracle Benchmark」(英語)でご覧いただけます:www.oracle.com/benchmarks
** オラクル調べ

Oracle SuperCluster T5-8」はフルラック構成で、128個の「SPARC T5」プロセッサ・コア、16テラバイトを超える高速のフラッシュ・ストレージ、数百テラバイトの高速データベース・ストレージ、最大40GbpsのスループットでストレージI/O速度を高速化する「InfiniBand」スイッチ、データ圧縮・重複排除機能を搭載した統合ストレージ製品「Sun ZFS Storage 7320 Appliance」を事前に統合し、データベースやアプリケーションに優れたパフォーマンスと最適な構成を提供します。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.