X

A blog about Oracle Japan News Portal

Oracle Japan Information

統合基幹業務アプリケーション「PeopleSoft Enterprise 9.1」を発表しました。

本日オラクルの統合基幹業務アプリケーション製品の最新版「PeopleSoft Enterprise 9.1」を2010年1月から提供開始することを発表しました。発表資料はこちら。まずは人材管理(Human...

本日オラクルの統合基幹業務アプリケーション製品の最新版「PeopleSoft Enterprise 9.1」を2010年1月から提供開始することを発表しました。発表資料はこちら。まずは人材管理(Human Capital Management)アプリケーションが提供開始され、その後順次CRMアプリケーション、財務会計・SCMアプリケーションが順次投入されていく予定です。最新版では特にアプリケーションの基盤技術の強化、ユーザー画面の使いやすさの向上とタレント・マネジメントにおける機能拡充を実現しています。技術基盤の強化により、「PeopleSoft Enterprise 9.1」の旧バージョンを活用中の既存顧客も全体のバージョンアップをせずに、「PeopleSoft Enterprise 9.1」の一部機能のみを導入して旧バージョンと併用することが可能になっています。

IFRSパートナーコンソーシアム第一期の活動を報告

今年2月に発足を発表したIFRSパートナーコンソーシアムが活動開始から半年がたち、9月末をもって第一期の活動を完了し、10月より第二期の活動を開始しました。第一期では、IFRSパートナーコンソーシアムの参画企業である監査法人、経営コンサルティング、システムインテグレーターやITベンダー各社による研究会の開催により、IFR...

今年2月に発足を発表したIFRSパートナーコンソーシアムが活動開始から半年がたち、9月末をもって第一期の活動を完了し、10月より第二期の活動を開始しました。第一期では、IFRSパートナーコンソーシアムの参画企業である監査法人、経営コンサルティング、システムインテグレーターやITベンダー各社による研究会の開催により、IFRS対応に向けた基本方針として「ABC(Advance, Balance, Compliance)モデル」を策定しました。概要はこちらをご参照ください。第二期の活動としては、継続的なユーザー企業とのコミュニケーション、具体的なソリューションの開発や参画企業間での協業などを推進していく予定です。乞うご期待を。

製造業向け収益・原価管理ソリューションを発表

本日、東洋ビジネスエンジニアリングと日本オラクルによる製造業向けの収益・原価管理ソリューションの提供開始について発表しました。発表資料はこちら。同ソリューションにより東洋ビジネスエンジニアリングの短期導入テンプレート「b-PCM」を活用することで、「Oracle Hyperion...

本日、東洋ビジネスエンジニアリングと日本オラクルによる製造業向けの収益・原価管理ソリューションの提供開始について発表しました。発表資料はこちら。同ソリューションにより東洋ビジネスエンジニアリングの短期導入テンプレート「b-PCM」を活用することで、「Oracle Hyperion Planning 」による予算作成や立案と経営者向けの報告書を作成するシステムを最短3ヶ月で構築することができます。現場の情報をリアルタイムに把握して経営者の意思決定に役立てるということへは継続的にニーズがあります。本ソリューションは既存システムを有効活用しながら、そのニーズにこたえられるのも特長のひとつです。

インテリジェンス ビジネスソリューションズと日本オラクル、SOAのコンサルティングサービスで協業

皆様 こんにちは。本日、日本オラクルはインテリジェンス ビジネスソリューションズ(以下IBS)とSOAのコンサルティングサービスで協業させていただきました。本協業では、IBSが2009年4月から提供開始している、「SOAによるビジネスプロセス可視化支援サービス」に日本オラクルの「IT トランスフォーメーション・フレームワ...

皆様 こんにちは。本日、日本オラクルはインテリジェンス ビジネスソリューションズ(以下IBS)とSOAのコンサルティングサービスで協業させていただきました。本協業では、IBSが2009年4月から提供開始している、「SOAによるビジネスプロセス可視化支援サービス」に日本オラクルの「IT トランスフォーメーション・フレームワーク with SOAサービス」を合わせて提供します。「IT トランスフォーメーション・フレームワーク with SOAサービス」とは主に1.SOA企画・計画策定サービス2.SOA標準化サービス3.SOA適用推進サービスという、企業のITシステムの中期計画をトランスフォーメーションさせるフレームワークつくりに向けた体制や組織つくりをサポートします。詳細はこちらからどうぞ!