X

A blog about Oracle Japan News Portal

Oracle Japan Information

ラリー・エリソンが示すオフィスワークの未来と統合型アプリケーションの価値

オラクルのクラウド・カスタマー・エクスペリエンス・ビジネス担当エグゼクティブ・バイスプレジデントであるロブ・ターコフ(Rob Tarkoff、左)と会長兼最高技術責任者(CTO)であるラリー・エリソンが、セールス・ソフトウェアの役割の変化について語り合っています。 コロナ禍により、これからのオフィス文化がどう変わるか、従...

オラクルのクラウド・カスタマー・エクスペリエンス・ビジネス担当エグゼクティブ・バイスプレジデントであるロブ・ターコフ(Rob Tarkoff、左)と会長兼最高技術責任者(CTO)であるラリー・エリソンが、セールス・ソフトウェアの役割の変化について語り合っています。 コロナ禍により、これからのオフィス文化がどう変わるか、従業員数13万人を超える企業の会長に見解を聞いてみる価値はあるでしょう。 最近のオンラインディスカッションでオラクルのラリー・エリソン(Larry Ellison)は、「これはすでに起きてしまったことで、元に戻ることはないだろう。オフィスにもう戻らないという話ではなく、少なくとも我々の業界では、既に9時-17時のオフィスワークにはこだわらない、その働き方には戻らないだろうという話です。そのため、人は何時間オフィスにいるべきなのか、何時間自宅で働くべきなのかを考えるようになります。」と述べています。 オラクルの会長兼最高技術責任者(CTO)であるエリソンは11月9日、オラクルのクラウド・カスタマー・エクスペリエンス(CX)ビジネス担当エ...

日本オラクル 専務執行役員 アプリケーション事業統括 ピーター・フライシュマン:ソフトウェア業界のリーダーとして、デジタル・トランスフォーメーションを支援

本年もまた、皆様にとって実り多い素晴らしい年になるよう心から願っております。 2019年3月に日本オラクルのアプリケーション事業の統括責任者を拝命して10カ月が経ちました。就任後、オラクル製品を導入している数多くの企業のCxO(経営や業務の責任者)の方々を訪問し、日本でのビジネスの理解を深めて参りました。 経済産業省が発...

本年もまた、皆様にとって実り多い素晴らしい年になるよう心から願っております。 2019年3月に日本オラクルのアプリケーション事業の統括責任者を拝命して10カ月が経ちました。就任後、オラクル製品を導入している数多くの企業のCxO(経営や業務の責任者)の方々を訪問し、日本でのビジネスの理解を深めて参りました。 経済産業省が発行した「デジタル・トランスフォーメーション(DX)レポート」では、2025年以降、年間最大12兆円の経済損失が生じる可能性があると予想しています。これは、企業が現在抱える課題を克服せず、既存システムを変革できなかった場合の話です。既存システムは事業部門ごとに構築され、過剰にカスタマイズされているために複雑化して“ブラックボックス化”しています。アプリケーション・ソフトウェアにおける世界的なリーダーとしての広範な実績と知識を持つオラクルは、こうした課題を誰よりもよく理解しており、お客様がDXを進める上で、先を見据えながら課題に取り組めるよう支援することができます。 SaaSの売上がオンプレミスを越える 2020年、私たちはお客様の事業...

2020年1月よりORACLE MASTER 新資格体系を導入

 「Oracle University」 は、2020 年 1 月以降にリリースされる新試験から新資格体系を導入します。 クラウド化、「Oracle Database」 の年次リリース、「Oracle Autonomous Database」 の登場など、昨今、 「Oracle Database」...

 「Oracle University」 は、2020 年 1 月以降にリリースされる新試験から新資格体系を導入します。 クラウド化、「Oracle Database」 の年次リリース、「Oracle Autonomous Database」 の登場など、昨今、 「Oracle Database」 技術者を取り巻く環境は大きく変わってきました。 また、システムに目を向けると、システムの統 合、データ量の急増、運用要件の高度化などの潮流が見受けられます。 マルチテナント・アーキテクチャの知識は、今ではデータベース管理者に必須のスキルであり、運用要件の高度化に対応するにはバックアップ・ リカバリやアップグレードなどについての体系だった知識も必須です。一方、データ・サイエンスの盛り上がりにより、従来以上にSQL学習者も増えています。 このような背景を踏まえ、 ・ データベース 技術者のロール別に必要なスキルが何なのか ・ 実際に データベース 技術者が必要なスキルを体系立てて習得しているか ・ データベース 技術者のスキルアップの指針として...

Oracle Cloudについて教えてくれる、パートナー企業問い合わせ窓口を開設

本日2019年2月1日に、オラクルのクラウド・サービス「Oracle Cloud」を販売・導入するパートナー企業が、見積支援などを行う問い合わせ窓口として「Oracle Cloud Desk」(オラクル・クラウド・デスク)を開設しました。...

本日2019年2月1日に、オラクルのクラウド・サービス「Oracle Cloud」を販売・導入するパートナー企業が、見積支援などを行う問い合わせ窓口として「Oracle Cloud Desk」(オラクル・クラウド・デスク)を開設しました。 国内において、新たにデータセンターの開設を予定しており、「Oracle Cloud」に関するパートナー企業からの問い合わせが増加しています。内容も、情報収集を目的としたものから、より複雑で詳細な案件が多くなり、パートナー企業の支援を強化する観点から、専用の問い合わせ窓口を設置することとなりました。 今後は問い合わせ対応に加え、「Oracle Cloud Desk」を起点としてパートナー企業向けの各種販売支援やキャンペーンなどを積極的に展開していきます。 「Oracle Cloud Desk」問い合わせメールアドレス:cloud_desk_jp_grp@oracle.com 祝日を除く月曜日から金曜日、9:00~12:00, 13:00~17:00 Q:誰でも相談できますか? A:「Oracle...

サンフランシスコ・ジャイアンツとオラクル、「Oracle Park」命名を発表

米大リーグのサンフランシスコ・ジャイアンツとオラクルは本日、オラクルが2038年までの球場の命名権(ネーミング・ライツ)を保有することを含めた20年間のパートナーシップ契約を締結したことを発表しました。本日よりAT&Tパークの名称は「Oracle Park(オラクル・パーク)」となります。契約金額は公表されていません。 ...

米大リーグのサンフランシスコ・ジャイアンツとオラクルは本日、オラクルが2038年までの球場の命名権(ネーミング・ライツ)を保有することを含めた20年間のパートナーシップ契約を締結したことを発表しました。本日よりAT&Tパークの名称は「Oracle Park(オラクル・パーク)」となります。契約金額は公表されていません。 ジャイアンツ球団社長兼最高執行責任者(CEO)のローレンス・M・ベールは次のように述べています。「オラクルを当球団のネーミングライツ・パートナーに迎え、ここチャイナ・ベイシンの球場での新たな10年が始まることを非常に嬉しく思います。この球場の命名権の取得に関しては、全米規模の企業から地元企業まで、複数の企業に関心を寄せていただきましたが、ジャイアンツ球団にとって長年のパートナーであるオラクルはこのベイエリアに深く根付いている企業であり、テクノロジーとイノベーションの分野における世界的リーダーとしての地位や、コミュニティに価値をもたらすダイバーシティとインクルージョン、サスティナビリティ、教育やフィランソロピーに取り組むというコミット...

クラウドへ移行する際にデータが最優先される理由とは

オラクルは、エンタープライズのワークロードに適したパフォーマンス、セキュリティを低コストで利用できるように設計した第二世代の「Oracle Cloud Infrastructure」を発表しました。ある研究機関によると、全世界でクラウドに移行されたエンタープライズのワークロードは未だ15~30%と言われており、本格的な移...

オラクルは、エンタープライズのワークロードに適したパフォーマンス、セキュリティを低コストで利用できるように設計した第二世代の「Oracle Cloud Infrastructure」を発表しました。ある研究機関によると、全世界でクラウドに移行されたエンタープライズのワークロードは未だ15~30%と言われており、本格的な移行はまだこれからという見方もあります。エンタープライズにおけるクラウドへの移行を考える際に、自社の機密性の高いデータをどのように扱うかの議論が必要となります。 このブログでは、オラクル・コーポレーション、Oracle Cloud Infrastructure プロダクト・マネジメント担当バイスプレジデントを務めるカイル・ヨーク(Kyle York)が執筆した、クラウドの検討になぜデータの議論が優先されるべきなのかを解説する記事「Why your data should be priority one as you build your cloud computing...

間もなく開幕!Oracle OpenWorld 2018の見どころ

ゴールデンステート・ウォリアーズ プレジデントのリック・ウェルツ、理論物理学者のブライアン・グリーン、CIAや米国家安全保障局長官を歴任したマイケル・ヘイデン、そしてオラクルの会長兼CTOのラリー・エリソン、CEOのサフラ・キャッツ、マーク・ハードが登壇するOracle OpenWorld...

ゴールデンステート・ウォリアーズ プレジデントのリック・ウェルツ、理論物理学者のブライアン・グリーン、CIAや米国家安全保障局長官を歴任したマイケル・ヘイデン、そしてオラクルの会長兼CTOのラリー・エリソン、CEOのサフラ・キャッツ、マーク・ハードが登壇するOracle OpenWorld 2018は、2018年10月22日から25日まで米国サンフランシスコで開催されます。 OpenWorldでは20年以上にわたり、技術とビジネスの専門家からなる膨大なコミュニティが課題に挑み、最新の製品イノベーションとロードマップを学び、インスピレーションを得ています。全てを聴講できるカンファレンス・パスを購入することで、メインステージでの基調講演、製品トレーニングと、認定や新技術に関するチュートリアル、製品の専門家とのミーティング、ネットワーキングの機会が得られます。 また、AT&T、FedEx、Dropbox、Gap、Avis、American Red...