X

A blog about Oracle Japan News Portal

  • October 23, 2014

日本オラクル、フラッシュ・ストレージ新製品「Oracle FS1 Flash Storage System」を発表

Norihito Yachita
広報室長

本日、記憶媒体としてフラッシュ・メモリーを最大912テラバイト(TB)搭載可能なフラッシュ・ストレージ新製品「Oracle FS1 Flash Storage System」(以下:「Oracle FS1」)を発表しました。発表資料はこちら

Oracle FS1」は、オラクルのエンジニアド・システムやストレージ製品で培われたフラッシュ・テクノロジーの実績に基いて開発され、オラクルのサーバー、オペレーティング・システム、アプリケーション、データベースと組み合わせることで運用効率を最大化できるように設計されています。出荷開始は201411月を予定しています。

Oracle FS1」は、最大200万の読み込み・書き込み性能(IOPS*、毎秒80GBのスループットを実現します。テラバイトあたり半分以下のコストで、同等の競合フラッシュ・ストレージ製品の8倍のIOPS9.7倍の書き込みスループット*を提供します。
*
読み込み・書き込み比率:5050

Oracle FS1」に備わるインテリジェントな管理ソフトウェア「QoS Plus」は、データをより効率的に利用する自動階層化システムによって、予測可能なストレージ・リソースの配分を実現します。フラッシュの能力を最大化し、ハードディスクの経済性も両立することが可能です。ビジネスの優先度とデータ使用率の組み合わせに基づいて、フラッシュやディスクといったストレージ・メディアへの最適なデータ配置を決定し、TBあたりの読み込み・書き込み性能で高いコスト・パフォーマンスを発揮します。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.

Recent Content