X

A blog about Oracle Japan News Portal

  • January 23, 2014

「Oracle Exalogic Elastic Cloud X4-2」を提供開始

Norihito Yachita
広報室長

Javaベースのアプリケーションをはじめとする多数のアプリケーションを超高速に実行するエンジニアド・システム「Oracle Exalogic Elastic Cloud」の最新版「Oracle Exalogic Elastic Cloud X4-2」(以下、「Oracle Exalogic X4-2」)を本日から提供開始したことを発表しました。発表資料はこちら

Oracle Exalogic X4-2」は前機種と比較して、コンピューティング性能の向上や広範な機能オプションにより、業務アプリケーションの展開や集約で発生するコストや複雑さを低減します。最新版の主な特長は以下の通りです:
l 12コアの「インテル Xeon Processor E5-2697 v2」を備えたオラクルの最新x86サーバー「Sun
Server X4
」を搭載し、サーバー当り約50パーセントの性能を向上*
l フル・ラック構成で720個のプロセッサ・コア、7.5TBのメモリ、24TBのフラッシュ・メモリを搭載。
l Oracle Exalogic X4-2」を含むエンジニアド・システムのI/O性能を最大化するオラクルの統合ストレージ製品最新版「Oracle ZFS Storage ZS3」シリーズを統合し、ストレージ領域を33パーセント増加*
l ベアメタル、テンプレートを使った仮想化、IaaS(infrastructure as a service)など、単一ラック上にさまざまな展開アーキテクチャを集約可能。
*オラクル調べ。前機種との比較

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.