X

A blog about Oracle Japan News Portal

  • February 16, 2015

最新フラッシュ・テクノロジーにより「Oracle Database」を高速化するx86サーバー新製品を提供開始

Norihito Yachita
広報室長

本日、最新フラッシュ・テクノロジーを実装し、「Oracle Database」の高速化を実現するx86 サーバー新製品2機種「Oracle Server X5-2」と「Oracle Server X5-2L を本日より提供開始したことを発表します。発表資料はこちら。両製品は、フラッシュの高帯域化とプロセッサ・コアおよびメモリを増量することで、仮想マシンの高密度な統合を実現し、企業のプライベート・クラウド環境や、クラウド事業者のInfrastructure as a ServiceIaaS)に最適なサーバー基盤を提供します。

両製品には、最新の高帯域フラッシュ・テクノロジー「NVM Express(以下:NVMe)」を採用しています。最大4個のホットスワップ可能なフラッシュ・ドライブが「NVMe」に対応し、従来のフラッシュ・テクノロジーと比較して帯域を2.5倍以上拡張することで、データ処理の遅延が減り、パフォーマンスを向上します。このテクノロジーと、「Oracle Database の機能である「Database
Smart Flash Cache
」を組み合わせることで、「Oracle Database」をさらに高速化することができます。

Oracle Server X5-2」と「Oracle Server X5-2L」は、最先端のx86サーバーの開発に取り組むオラクルの戦略を実証するものであり、あらゆるクラウド環境を構築するスーパー・クラウド・システムズのサーバー基盤としてだけでなく、単体システムにおいてもオラクルのソフトウェア製品に最適化して設計されています。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.

Recent Content