X

A blog about Oracle Japan News Portal

  • October 2, 2013

東栄住宅が新基幹システムのデータベース基盤として「Oracle Database Appliance X3-2」を採用

Norihito Yachita
広報室長

オラクルの高可用性データベースとハードウェアを一体化したエンジニアド・システムの最新版「Oracle Database Appliance X3-2」が、株式会社東栄住宅(本社:東京都西東京市、代表取締役社長 西野 弘、以下 東栄住宅)に採用されたことを発表します。発表資料はこちら

東栄住宅を支える基幹システムの主軸である原価/工程管理システムは、最初の構築から
6年ほど経過した2005年に、中核である「Oracle Database Standard Edition」とハードウェアをバージョンアップするシステム増強を実施しました。しかし、2010年頃にはデータ量の増大にともない性能面で課題が出始めたことや、図面管理、電子発注システムをはじめとする他の業務システムとのデータ連携が複雑になってきました。そのため、複数の業務システムの統合と、システム化されていない業務のシステム化を視野に入れ、新基幹システムとして再構築することを決定しました。当初はシステム統合やデータ連携という観点から、性能とコストを重視した調査を行っていましたが、2011年に東日本大震災が発生したことから、システムの事業継続も重点項目に加えました。2012年より汎用サーバー、ストレージ構成を含めさまざまな検討を重ねた結果、20136月に「Oracle Database Appliance X3-2」の採用を決定しました。

東栄住宅では、複数の業務システムを「
Oracle Database Appliance X3-21台に集約した新システムの本格稼働を20144月に、その後「Oracle Database Appliance X3-22台による災害対策構成の設置を予定しています。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.