X

A blog about Oracle Japan News Portal

  • March 28, 2013

「Oracle Database Appliance」の最新版を提供開始

Norihito Yachita
広報室長

本日、従来機種と比較して性能を最大2に、ストレージ容量を最大3倍に向上した「Oracle Database Appliance」の最新版「Oracle Database Appliance X3-2」の国内提供を開始したことを発表します。発表資料はこちら

Oracle Database Appliance X3-2」は、4ユニットのラックマウント型システムで、「Oracle Linux」が稼働する「インテルXeonプロセッサ E5-2690」を搭載した「Sun x86」サーバー2台、18.8テラバイト(TB*容量のストレージ1台で基本構成されています。ユーザーはデータ量の増加が見込まれる場合、オプションの拡張ストレージ「Storage Expansion Shelf(ストレージ・エクスパンション・シェルフ)」を接続することで、最大構成で37.6TB**までストレージを拡張可能です。
* 内訳は、HDD18 TBSSD 800 GB搭載
** 内訳は、HDD36TBSSD1.6TB搭載

Oracle Database Appliance X3-2」独自の機能により、サーバーに搭載されているプロセッサ・コアの使用を制限できるため、ソフトウェアのライセンス数を有効利用できます。また、必要なプロセッサ性能に合わせてソフトウェア・ライセンスを追加購入できるため、「Oracle Database Enterprise Edition 11g Release 2」を最小構成で4コアから開始し、最大32コアまで拡張することが可能です。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.