X

A blog about Oracle Japan News Portal

  • September 10, 2013

小泉成器、「Oracle Database Appliance」で営業支援システム群のデータベース基盤を統合

Norihito Yachita
広報室長

本日、家電製品・家庭用品の企画・製造を行う小泉成器株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:松本 良一、以下 小泉成器)がオラクルの高可用性データベースとハードウェアを一体化したエンジニアド・システムの最新版「Oracle Database Appliance X3-2」を導入し、営業支援システム群のデータベース基盤を統合、20138月から稼働開始したことを発表しました。発表資料はこちら

小泉成器は、自社ブランドによるビューティケア製品、家電照明、調理器具の企画・製造・販売に加え、国内外のナショナル・ブランド商品の卸売を行っています。生活者の豊かで快適な暮らしへのソリューション型商品の開発、売り場提案を強化する目的で、営業支援システム群を支えるデータベース基盤の刷新を決定しました。

小泉成器は、従来システム毎に個別に構築していたデータベース群の統合、可用性の向上、ビジネス拡大にともなう処理量・データ量の増大へ対応するためのデータベース基盤として、高可用性・高信頼性に定評のある
Oracle
Database Enterprise Edition
」専用に開発された「Oracle Database Appliance X3-2」を採用しました。株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:中山 義人)のシステム基盤製品「intra-mart WebPlatform」をベースに営業支援システム群を構築しており、これらのシステムで利用する複数のデータベースを「Oracle Database Appliance X3-2」上に移行・統合しました。バッチ処理が従来の4*に性能向上するなどデータベース基盤の刷新による効果を実現しています。
* 小泉成器調べ

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.