X

A blog about Oracle Japan News Portal

日本住宅パネル工業、人事関連システムをOracle Cloudへ全面移行

本日、日本住宅パネル工業協同組合が、人事関連システムを構成するハードウェア基盤を刷新し、「Oracle Cloud」へ全面的に移行し、稼働を開始したことを発表しました。発表資料はこちら

日本住宅パネル工業(パネ協)は全国の建具、木工業者などで構成された全国規模の事業協同組合です。工業化した内装部材・部品の供給メーカーとして、また、これらをシステム化し、企画・設計から現場施工・アフターメンテナンスに至るまで、内装トータル企業として業務を展開しています。

日本住宅パネル工業では、社内システム(ポータル・会計・人事給与・販売・工事管理など)をオンプレミスのハウジング環境で利用し、システム専任部門はなく他業務との兼任で運用管理を行ってきました。日々の運用管理業務やサーバー更新の度に発生する機器調達や載せ換えの労力やコストを抑え、その分を本来の業務に充てることが重要課題でした。そのため、導入および運用コストを含む全体のコスト・パフォーマンス向上を図るため、各システムのパブリック・クラウドへの移行を計画してきました。

同社は、第1弾として、国産ERPと他社製データベースからなる人事関連システムを稼働するハードウェア基盤のクラウド移行から検討を開始しました。主要なクラウドベンダーを評価比較した上で、「Oracle Cloud」への全面的な移行を決定し、2018年7月より稼働を開始しました。「Oracle Cloud」の採用ポイントは以下のとおりです。

  • 高いコスト・メリット:既存環境のクラウド移行の試算を行った結果、他社クラウド比で約50%*の費用で利用可能
  • 優れたパフォーマンス:他社クラウドと比較し、より安価な価格で約2倍のリソース(メモリ)が利用可能。増加するトランザクションにも対応できる高い性能
  • 容易な導入、移行:オラクルが開催する無償ハンズオントレーニングへの参加やマニュアルを活用することで、1ヶ月という短期間での移行を自社自身で実現

* 日本住宅パネル工業調べ

日本住宅パネル工業では、今回の人事関連システムの「Oracle Cloud」移行と合わせて、自社で運用している基幹システムのバックアップを「Oracle Cloud」へ格納する仕組みも導入しました。今後、日本住宅パネル工業では、事業の中核をなす基幹システムの「Oracle Cloud」への移行を計画しています。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.Captcha

Recent Content