X

A blog about Oracle Japan News Portal

  • June 26, 2013

日本オラクル、NTTビズリンクのアプリケーション・サービス向けデータベース基盤の刷新を支援

Norihito Yachita
広報室長

本日、エヌ・ティ・ティ・ビズリンク株式会社が提供するアプリケーション・サービスのデータベース基盤に、オラクルの高可用性データベースとハードウェアを一体化したエンジニアド・システム「Oracle Database Appliance」を導入し、稼働開始したことを発表しました。発表資料はこちら

NTT
ビズリンクは、データセンタ・サービスおよびテレビ会議サービスを中核事業として展開しており、データセンタ・サービスではハウジング、ホスティングなどとともに、クラウド・バックアップ・サービス「イージーDR」、インターネット・ストレージ・サービス「iTrustee」など、ネットワークを活用した多彩なアプリケーション・サービスを提供しています。

これらのアプリケーション・サービスにおけるデータベース基盤は、さまざまなお客さまに対して、性能や可用性における高いサービス・レベルを満たす必要がありました。
NTTビズリンクはPostgresSQLなどのオープンソース・データベース製品も検討した結果、高可用性・高信頼性に定評のある「Oracle Database Enterprise Edition 11g Release 2」専用に開発された「Oracle Database Appliance」を導入し、プロジェクトの短期化を実現するとともに、従来比3倍の性能改善*を達成することができました。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.

Recent Content