X

A blog about Oracle Japan News Portal

統計センター、Oracle Cloudを活用し、国勢調査などの統計データをLODとして公開

本日、独立行政法人統計センターが運用管理を行っている政府統計のポータルサイトである「政府統計の総合窓口(e-Stat)」において、国勢調査や経済センサスなどの統計データをLinked Open Data (LOD)*として公開する環境として、「Oracle Cloud」とグラフ・データベース「Oracle Spatial and Graph」を活用したシステムを、2019年1月に本格稼働したことを発表します。発表資料はこちら

* Linked Open Data (LOD):誰でも利用可能な全てのデータ同士がリンクしたデータのこと。オープンデータの公開レベルが5スターで位置づけられる

統計センターが運用している「e-Stat」は、2008年からサービスが開始され、各府省が公表する約600の統計調査のデータを一元的かつ総合的に提供しており、提供している統計表は約130万ファイルに上ります。日本政府が推進する「世界最先端デジタル国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」が定めるオープンデータの方針に則り、統計データのオープン化に取り組んでいます。その一環として、統計データを自動的・機械的に取得可能なAPI機能の整備を含む、オープンデータの高度化を推進するため、「e-Stat」の新たな機能として、国勢調査などの統計データをLODで提供しています。

統計LODでは、国勢調査、経済センサス、家計調査、社会・人口統計体系などの9つの統計調査のデータ、約13億トリプルのデータを統計LODとして提供しており、世界の各機関で提供している LOD と比べてもトップレベルの情報量です。また、LODの提供により、Web標準であるRDF*によるデータの標準化や、SPARQL**によるアクセス方法の標準化といったメリットも期待されています。

* RDF (Resource Description Framework):ウェブ上での言語やデータ構造・記述方法等に関する標準仕様

** SPARQL:RDFを検索するための言語

統計センターでは2013年に、「e-Stat」のデータベースを「Oracle Exadata Database Machine」に移行し、2018年には同製品を更新するとともに、「Oracle Exalogic」を新たに導入することで処理性能と可用性を向上させました。そしてこのたび、RDFを含むグラフ・データベース機能や地理空間データ構築とその解析を支援する「Oracle Spatial and Graph」および「Oracle Database In-Memory」を、「Oracle Cloud」に構築し、統計LODを新しい環境で公開しました。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.

Recent Content