X

A blog about Oracle Japan News Portal

日産、Oracle Cloud Infrastructureの高性能コンピューティングを導入

日本オラクルは本日、日産自動車株式会社(以下「日産」)が、オンプレミスの高性能コンピューティング(High Performance Computing : HPC)ワークロードを「Oracle Cloud Infrastructure」に移行開始したことを発表しました。発表資料はこちら

日産は、デジタル製品設計プロセスにより、自動車の燃費、信頼性および安全性向上のための迅速かつ重要な設計決定を行っています。日産は、パフォーマンスとレイテンシの影響を受けやすいエンジニアリング・シミュレーションのワークロードを「Oracle Cloud Infrastructure」に移行することで、新車の設計、テストのスピード向上を図ります。

日産では、自動車の空力および構造破損における設計およびテストに、ソフトウェアを用いた計算数値流体力学(Computational Fluid Dynamics : CFD)と構造シミュレーション技術を用いています。HPCアプリケーションに最適化された「Oracle Cloud Infrastructure」のコンピュート、ネットワーク、ストレージにより、RDMA*ネットワークを備えた業界初かつ唯一のベアメタルHPCインフラストラクチャのメリットを日産に提供します。日産は、パフォーマンス向上、低コストを実現し、クラウドでのエンジニアリング・シミュレーション・ワークロードの容易な稼働を見込んでいます。

* Remote Direct Memory Access:ローカルのコンピューターのメモリから、異なるリモートのコンピューターのメモリへデータの転送を行うプロトコル

大規模なCFDおよび構造シミュレーションを実行するには、膨大な計算能力が必要です。日産は、HPCプラットフォームにクラウドファースト戦略を採用し、エンジニアが複雑なシミュレーションを実行するために必要な計算能力を常に利用できる環境を実現しています。HPC市場は従来、パブリック・クラウド・プロバイダーからは十分なサービスが提供されてきませんでしたが、「Oracle Cloud Infrastructure」は、RDMAクラスター・ネットワークを備えた業界初のIntel Xeonベースのベアメタル・コンピューティング・インフラストラクチャを提供し、2マイクロ秒未満のレイテンシと100 Gbpsの帯域幅を提供し、大規模HPCのクラウド移行を可能にします。

日産は、初めて「Oracle Cloud Infrastructure」でNVIDIAのTesla GPUテクノロジーを活用した自動車メーカーの1社で、構造シミュレーションおよびリモート可視化に活用しています。オラクルのベアメタルNVIDIA Tesla GPUアクセラレーション・ハードウェアを使用することで、大量のデータ転送のコストとオーバーヘッドを削減しながら、シミュレーション・ジョブで生成されたすべてのデータをクラウド内の3D OpenGL方式で簡単に表示できるようにしています。

HPCプラットフォームに加えて、「Oracle Cloud Infrastructure」は、CFDや構造シミュレーションなどのさまざまな分野にわたり、成熟した多様なISVアプリケーションのエコシステムをサポートしています。このエコシステムを利用することで、オンプレミスや他のパブリック・クラウド・プロバイダーで実行するよりも魅力的な価格性能比でアプリケーションを利用できます。また、オラクルのユニークなクラウドHPCソリューションを利用することで、固定キャパシティのオンプレミスHPCサーバーを購入する代わりに、パフォーマンス重視のHPCジョブをオンデマンドで実行することができます。日産は「Oracle Cloud Infrastructure」により、数万のコアとGPUベースのハイエンド可視化サーバーを柔軟に起動でき、エンジニアのニーズに基づいてコンピューティングおよびリモート3D可視化を動的に変更することができます。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.

Recent Content