X

A blog about Oracle Japan News Portal

日光ケミカルズ、オラクルのクラウド型SaaSを活用し、セールス・プロセスを変革

Norihito Yachita
広報室長

本日、日光ケミカルズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:宇梶 静男)が、デジタル・マーケティングで得た情報を適切に営業部門につなぎ顧客への提供価値を高める目的で、オラクルのクラウド型SaaS (Software as a Service)を活用し、セールス・プロセスの変革を実行していることを発表しました。発表資料はこちら

日光ケミカルズは、高品質な化粧品原料・界面活性剤の製造・販売、処方開発、素材や最終製品の有効性・安全性評価に加え、企業の研究開発や海外市場開拓のサポートなども実施し、ケミカル分野におけるトータル・サプライヤーとして幅広いビジネスを展開しているメーカー・商社です。

同社のマーケティング施策は従来、展示会の出展や、専門誌への広告出稿といったオフラインでの活動が中心でしたが、新たな顧客創出のため、Webやメール、SNSなど多様化するチャネルへの対応を含めたデジタル施策と、顧客の潜在的なニーズを理解しニーズにマッチした提案を行う効率的な営業活動を密に連携させたセールス・プロセスの変革が求められていました。また、以前より営業活動において営業支援システム(SFA)を利用していましたが、当時は日報的な使い方が中心で、顧客のデータを分析し、創出したリード(見込み顧客)を営業活動につなげるためのマーケティング・オートメーション(MA)の導入とSFAシステムとの連携も課題となっていました。

そこで同社は、オラクルのマーケティング・オートメーションを実現する「Oracle Eloqua」を選定しました。見込み顧客の情報を一元管理できるだけでなく、詳細なシナリオ設定ができ、マーケティング施策に関して多様な分析とレポーティングができる点を高く評価し、2018年秋から実運用を開始しました。2019年春には顧客データを管理する「Oracle CX Sales Cloud」の導入も決定し、「Oracle Eloqua」との組み合わせによりリード情報のリアルタイム連携を実現するシステムを構築しました。過去6カ月と実用前の6カ月のリード件数を比較すると、約2倍に増加しました。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.