X

A blog about Oracle Japan News Portal

News Release

SPARCのテクノロジーをクラウドにも展開する新たな「SPARC S7」製品群を提供開始

本日、新しい「SPARC S7」マイクロプロセッサをベースに構築されたエンジニアド・システム、サーバー製品、およびSPARCベースのクラウド・サービスを提供開始すると発表しました。これにより、SPARCの製品ポートフォリオが強化され、さらにSPARCの特長である優れたセキュリティ、効率性、シンプルさが初めてクラウドでも利...

本日、新しい「SPARC S7」マイクロプロセッサをベースに構築されたエンジニアド・システム、サーバー製品、およびSPARCベースのクラウド・サービスを提供開始すると発表しました。これにより、SPARCの製品ポートフォリオが強化され、さらにSPARCの特長である優れたセキュリティ、効率性、シンプルさが初めてクラウドでも利用可能になります。発表資料はこちら。 パブリック・クラウドのメリットに対する企業のニーズが高まる一方で、パフォーマンスやセキュリティ、管理性に対する新たな課題が発生してきています。新しいSPARCプラットフォームは、これらの課題を解決するため一から設計されたもので、重要な業務アプリケーションやスケールアウト型のアプリケーション環境をクラウド上で安心して実行できるようソリューションを提供します。 今回SPARCプラットフォーム群に追加されるサーバー製品は、シリコン・セキュアド・メモリやデータ・アナリティクス・アクセラレータなどのソフトウェア・イン・シリコン機能を備えた、革新的な4.27 GHz、8コア/64スレッド「SPARC S7」...

楽天証券、マイナンバー対応のセキュリティ対策をオラクル製品・サービスの活用により実現

本日、楽天証券株式会社が、顧客のマイナンバー情報を格納する顧客情報管理システムのセキュリティ対策のため、オラクルのデータベース・セキュリティ製品群を導入したことを発表しました。発表資料はこちら。 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)が施行され、「社会保障」と「税」、「災害対策」の3分野を皮切りに制度の運用が始まったこ...

本日、楽天証券株式会社が、顧客のマイナンバー情報を格納する顧客情報管理システムのセキュリティ対策のため、オラクルのデータベース・セキュリティ製品群を導入したことを発表しました。発表資料はこちら。 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)が施行され、「社会保障」と「税」、「災害対策」の3分野を皮切りに制度の運用が始まったことに伴い、証券会社においても口座を有する顧客のマイナンバー情報を含む特定個人情報のデータを「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン」に沿って安全かつ厳格に管理することが求められています。楽天証券では、証券業務の厳格な運用のための管理体制について慎重に検討を重ねた結果、将来的にはマイナンバーだけでなく顧客のあらゆる重要情報を保管・管理することも見据え、自社で独自の高セキュリティな顧客情報管理システムを構築することを決定しました。さらに、組織体制や業務、システムを全体として捉えて「人・組織」、「物理」、「技術」の軸から対策を講じ、セキュリティ脅威からデータを保護する多面的な仕組みを構築しました。 楽天証券では、安全管理措置に沿っ...

伊予銀行、Webサイトとコールセンターでオラクルのカスタマー・サービスを支援するクラウドを利用開始

本日、株式会社 伊予銀行(本社:愛媛県松山市南堀端町、取締役頭取:大塚 岩男、以下 伊予銀行)が、顧客向けWebサイトとコールセンターにおいて、オラクルのクラウド「Oracle...

本日、株式会社 伊予銀行(本社:愛媛県松山市南堀端町、取締役頭取:大塚 岩男、以下 伊予銀行)が、顧客向けWebサイトとコールセンターにおいて、オラクルのクラウド「Oracle Service Cloud」を活用したサービスを開始したことを発表しました。発表資料はこちら。伊予銀行は、創業138年を迎え、愛媛県の指定金融機関として、愛媛県内に118支店を展開しています。同行では、銀行業務を通していよぎんみらい起業塾、いよベンチャーファンドによるベンチャー企業支援などにも取り組み愛媛県の地域活性化に貢献しています。今回、さらなる顧客満足度向上に向けて、「Oracle Service Cloud」のWebヘルプサービス機能を活用し、Webサイト上の「よくあるご質問」ページを刷新しています。また、コールセンターの応対の質を均一化、また迅速な対応を強化する目的で、「Oracle Service Cloud」を活用しています。Webサイトの「よくあるご質問」に「Oracle...

ANAのクラウド型国際線旅客システムと社内システムをつなぐ大規模データ連携基盤を構築

本日、全日本空輸株式会社(ANA)における国際線の旅客事業強化に向けたクラウド型国際線旅客システム「Altea」のサービス利用に伴い、「Altea」とANAの社内システムを連携する大規模データ連携基盤(CAP2)を構築したことを発表しました。発表資料はこちら。 本基盤は、NECが過去に構築したANAの共通基盤システム(C...

本日、全日本空輸株式会社(ANA)における国際線の旅客事業強化に向けたクラウド型国際線旅客システム「Altea」のサービス利用に伴い、「Altea」とANAの社内システムを連携する大規模データ連携基盤(CAP2)を構築したことを発表しました。発表資料はこちら。 本基盤は、NECが過去に構築したANAの共通基盤システム(CAP)の実績とミッションクリティカルな基盤への知見をもとに構築したもので、国際線の予約から出発業務まで安定したサービスを実現します。 本基盤では、オラクルの高速データベースマシン「Oracle Exadata Database Machine」を採用し、約1億件の予約データを高速に処理可能です。また、システム間のデータ連携を行う「Oracle...