X

A blog about Oracle Japan News Portal

News Release

島津製作所、グローバル共通の基幹業務システム基盤を「Oracle SuperCluster M7」によるプライベート・クラウド環境に全面刷新へ

本日、株式会社島津製作所が、本社および国内外グループ会社の基幹業務システムとして運用しているオラクルのERPソフトウェア「Oracle E-Business Suite」が稼働するIT基盤として、「SPARC M7」プロセッサを搭載したオラクルのエンジニアド・システム「Oracle...

本日、株式会社島津製作所が、本社および国内外グループ会社の基幹業務システムとして運用しているオラクルのERPソフトウェア「Oracle E-Business Suite」が稼働するIT基盤として、「SPARC M7」プロセッサを搭載したオラクルのエンジニアド・システム「Oracle SuperCluster M7」を採用し、グローバル共通のプライベート・クラウド環境に刷新することを発表しました。新システムは2017年1月の稼働開始を予定し、2020年までにグローバルで8割の売上を占める関係会社の基幹業務システムを「Oracle E-Business Suite」に移行する計画です。発表資料はこちら。分析計測機器や医用機器、航空・産業機器の製造・販売をグローバルに展開する島津製作所は、国内外に73社の子会社を有し、地域ごとのニーズに応えるグループ体制を構築しています。島津製作所グループでは、原材料調達から最終製品の販売までの一連の業務プロセスを支える「eSCOPE (Shimadzu Supply Chain Operation for...

ミズノ、国内グループの基幹業務システムのIT基盤を、最新版の高速データベース・マシン「Oracle Exadata X6」へのアップグレードにより刷新

本日、総合スポーツメーカーのミズノ株式会社が、グループ会社を含む共通の基幹業務システムとして運用しているオラクルのERPソフトウェア「JD Edwards EnterpriseOne」が稼働するIT基盤を、最新版の高速データベース・マシン「Oracle Exadata Database...

本日、総合スポーツメーカーのミズノ株式会社が、グループ会社を含む共通の基幹業務システムとして運用しているオラクルのERPソフトウェア「JD Edwards EnterpriseOne」が稼働するIT基盤を、最新版の高速データベース・マシン「Oracle Exadata Database Machine X6」へのアップグレードにより刷新することを発表しました。発表資料はこちら。ミズノでは、グローバルビジネスの拡大と国内事業基盤の強化を目指し、経営のスピード化、ビジネス可視化に貢献するIT基盤の構築を目指しています。その一環として、従来メインフレームで稼動していたシステムをオープン系システムに移行するとともに、本社およびグループ会社において個別に運用してきた業務システムとデータウェアハウス用途のデータベース・サーバーを統合することで、グループ全体のITコストを削減しシステム運用の効率化を図るため、オラクルの「JD Edwards...

年間2億通のDM発送代行のアテナ、オラクルのクラウドを採用し、デジタル・マーケティング活用による営業改革を推進

本日、株式会社アテナ(本社:東京都江戸川区臨海町、代表取締役 社長:渡辺 剛彦、以下、アテナ)が、デジタル・マーケティング活用による営業改革の実現にむけ、顧客管理・営業支援のクラウド「Oracle Sales Cloud」と、「Oracle...

本日、株式会社アテナ(本社:東京都江戸川区臨海町、代表取締役 社長:渡辺 剛彦、以下、アテナ)が、デジタル・マーケティング活用による営業改革の実現にむけ、顧客管理・営業支援のクラウド「Oracle Sales Cloud」と、「Oracle Marketing Cloud」製品群のマーケティング・オートメーションを支援する「OracleMarketing Automation (Oracle Eloqua)」を採用したことを発表しました。発表資料はこちら。 アテナは、DM(ダイレクトメール)の企画制作から発送代行までを行うメーリング業務を基点に、主にダイレクト・マーケティング分野におけるアウトソース事業を展開しています。従来、アテナでは、営業管理システム(SFA: Sales...

オラクルのクラウドを活用した、ハイブリッドクラウド分野での3社協業を実施

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)、NTTデータ先端技術株式会社(以下:NTTデータ先端技術)と日本オラクル株式会社(以下:日本オラクル)は、ハイブリッドクラウド分野において、お客さまデータセンター内にIaaSおよびPaaS環境を提供する「OracleCloud at Customer」を活用した協業を実施し、お...

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)、NTTデータ先端技術株式会社(以下:NTTデータ先端技術)と日本オラクル株式会社(以下:日本オラクル)は、ハイブリッドクラウド分野において、お客さまデータセンター内にIaaSおよびPaaS環境を提供する「OracleCloud at Customer」を活用した協業を実施し、お客さまのX-Techによる新たな価値創造を支援していきます。発表資料はこちら。協業の第一段階として、2016年中をめどに「Oracle Cloud...

スポーツクラブ運営のルネサンス、オラクルの予算管理クラウドで、経営管理業務の効率化を推進

本日、スポーツクラブやリハビリ施設などの事業を展開する株式会社ルネサンス(本社:東京都墨田区両国、代表取締役社長執行役員:吉田 正昭、以下 ルネサンス)が、経営管理業務の効率化を推進するため、オラクルのクラウド型経営管理ソリューション「Oracle Planning and Budgeting...

本日、スポーツクラブやリハビリ施設などの事業を展開する株式会社ルネサンス(本社:東京都墨田区両国、代表取締役社長執行役員:吉田 正昭、以下 ルネサンス)が、経営管理業務の効率化を推進するため、オラクルのクラウド型経営管理ソリューション「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用したことを発表しました。発表資料はこちらルネサンスは、直営スポーツクラブを95クラブ(2016年9月時点)展開しており、その他、企業・地域支援、介護リハビリ支援事業も展開しています。従来、各店舗からの予算関連データは表計算ソフトを利用して収集していました。そのため、担当者は、集計して分析をする必要があり、手作業による予算管理業務には限界がありました。今回、「Oracle Planning and Budgeting...

世界最高峰のヨットレース「アメリカズカップ」の王者ORACLE TEAM USA データを駆使した究極のパフォーマンス

2017年、美しい空色の水に浮かぶ北大西洋・バミューダ諸島で、世界最高峰の国際ヨットレース「アメリカズカップ」第35回大会が開催される。前回、前々回の覇者「ORACLE TEAM USA」が華々しく、そして威厳をもって、世界最古のカップ戦の3連覇に挑む。2010年以降、スポーツ界には前例のないイノベーションの大波がおしよ...

2017年、美しい空色の水に浮かぶ北大西洋・バミューダ諸島で、世界最高峰の国際ヨットレース「アメリカズカップ」第35回大会が開催される。前回、前々回の覇者「ORACLE TEAM USA」が華々しく、そして威厳をもって、世界最古のカップ戦の3連覇に挑む。2010年以降、スポーツ界には前例のないイノベーションの大波がおしよせてきている。昔ながらのヨットレースの手法 ― 人の勘に頼って天候や波に対応するなど―は、データを活用したヨットのデザイン、リアルタイムの分析により大きく様変わりしようとしている。その結果、ヨットをより素早く操縦し、乗組員を効率的に鍛え上げ、過酷なレースでも勝利できるようになる。データを活用したレース運びの先駆者であるORACLE TEAM USAは、テクノロジーを駆使し、バミューダでの勝利を誓う。■参考情報ORACLE TEAM USAが手繰り寄せた「アメリカズカップ」の勝利ORACLE MAGAZINE...

宮城県丸森町、IoTとデータ分析を活用した移住・定住促進プロジェクトにオラクルのクラウドを採用

本日、宮城県の最南端に位置する丸森町(町長:保科 郷雄)が推進する移住・定住促進プロジェクト「HELP MARUMORI」の新たな施策にオラクルのクラウド・サービスを提供し、支援することを発表しました。発表資料はこちら。具体策として、丸森町への観光客や移住・定住を希望する方のデータ管理と、IoT(Internet of ...

本日、宮城県の最南端に位置する丸森町(町長:保科 郷雄)が推進する移住・定住促進プロジェクト「HELP MARUMORI」の新たな施策にオラクルのクラウド・サービスを提供し、支援することを発表しました。発表資料はこちら。具体策として、丸森町への観光客や移住・定住を希望する方のデータ管理と、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)を活用し、観光客へ貸与するタブレット端末のGPS機能から行動履歴を収集・蓄積し、そのデータを分析することで人気スポットを発掘します。この仕組は、2017年2月に稼働開始を予定しています。 丸森町は人口1万4,350人(2016年9月1日時点)を有し、仙台駅から約1時間でアクセスできます。東北第二の大河である阿武隈川が町の北西部を貫流する自然豊かな「水とみどりの輝くまち」を標榜しています。現在は、少子高齢化に伴う急激な人口減少をはじめとする様々な課題を抱えています。「第五次丸森町総合計画」に基づき、「丸森で活躍する人を育てる」「地域が元気な丸森をつくる」「丸森で暮らす人を増やす」の3つの重点戦略を掲...