X

A blog about Oracle Japan News Portal

News Release

愛媛銀行、お客様対応チャット・サービスをオラクルのモバイル開発クラウドで構築

本日、株式会社愛媛銀行が、お客様対応品質の向上を目的に新規導入するチャット・サービスの開発および運用基盤として、「Oracle Mobile Cloud」を採用したと発表しました。発表資料はこちら。   同行のチャットボット・サービスは、「Oracle Mobile...

本日、株式会社愛媛銀行が、お客様対応品質の向上を目的に新規導入するチャット・サービスの開発および運用基盤として、「Oracle Mobile Cloud」を採用したと発表しました。発表資料はこちら。   同行のチャットボット・サービスは、「Oracle Mobile Cloud」の他に、AIにより利用者からの質問を理解し、最適な回答を返す「Oracle Service Cloud」、会話内容データを安全に保管することで、利用者により安心して使ってもらえるようにする「Oracle Database Cloud」など、「Oracle Cloud」サービス群を使用し、2018年7月から構築を開始し、明日10月30日より、サービス提供開始となります。また本件は、株式会社ケンファースト(本社:東京都千代田区外神田、代表取締役社長:畠山 憲一)が開発、導入支援を行いました。 ...

オラクルとKPMG、クラウドセキュリティに関する意識調査を実施

KPMGコンサルティングと日本オラクルは、オラクル・コーポレーションとKPMGが共同で実施したクラウドセキュリティに関する意識調査をまとめたレポート「オラクルとKPMGによるクラウドの脅威レポート 2018年」(日本語版)を発行しました。 本レポートは、企業におけるクラウドサービスの導入と利用が進む中、オラクル・コーポレ...

KPMGコンサルティングと日本オラクルは、オラクル・コーポレーションとKPMGが共同で実施したクラウドセキュリティに関する意識調査をまとめたレポート「オラクルとKPMGによるクラウドの脅威レポート 2018年」(日本語版)を発行しました。 本レポートは、企業におけるクラウドサービスの導入と利用が進む中、オラクル・コーポレーションとKPMGが米国、カナダ、英国、オーストラリア、シンガポールの5カ国のサイバーセキュリティおよびIT専門家450人を対象に、クラウド利用におけるセキュリティの現状について調査したものです。 今回の調査では、回答者の90%が、自社がクラウド上に保管しているデータの半数以上が機密性の高いデータであると回答しています。パブリッククラウド環境のセキュリティについて、回答者の83%が、自社のオンプレミス環境と同等あるいはより安全であると考えていることが明らかになり、多くの企業がパブリッククラウド環境のセキュリティを信頼していることが伺えます。 さらに、今回の調査では、60%が自社の持つデータの4分の1以上がクラウド上に保管されていると...

日本オラクル、より効率的な国際貿易管理を支援するため、物流管理ソリューションの最新版を提供

本日、ますます複雑化するグローバル経済においてお客様の成功を支援するため、「Oracle Transportation Management Cloud」および「Oracle Global Trade...

本日、ますます複雑化するグローバル経済においてお客様の成功を支援するため、「Oracle Transportation Management Cloud」および「Oracle Global Trade Management Cloud」の最新版を提供開始しました。この最新版により、コスト削減、グローバル貿易規制に関するコンプライアンスの効率化、一連の管理の迅速化したいお客様の要件を単一の統合プラットフォームで管理できるようになります。発表資料はこちら。   最新の「Oracle Transportation Management Cloud」および「Oracle Global Trade Management Cloud」では、出荷ルートや自動化されたイベントハンドリングに関するリアルタイムかつデータを元にしたインサイト提供します。また、迅速かつ正確なスクリーニングと税関申告の拡張された規制サポートも提供されます。たとえば、Nahdi Medical Companyは、「Oracle...

スカルプDのアンファー、迅速な経営判断を目的に、オラクルの予算管理クラウドを導入

本日、アンファー株式会社が、クラウド上で統合された経営情報の可視化による迅速な経営判断の実現を目的に、予算管理クラウド「Oracle Planning and Budgeting...

本日、アンファー株式会社が、クラウド上で統合された経営情報の可視化による迅速な経営判断の実現を目的に、予算管理クラウド「Oracle Planning and Budgeting Cloud」を稼動したことを発表しました。発表資料はこちら。 アンファーは、スカルプDに代表される化粧品、第一類医薬品、サプリメント、健康食品、専門医師監修によるクリニック専売品などの研究開発および製造・販売・卸業務を行っています。アンファーでは、新製品の研究開発・販売などによる持続的な事業の成長に伴い、管理部門において、組織の統廃合や新規ブランド・販路追加によるマスタ・データの管理にかかる業務工数の増大や、各部門からのデータ収集やブランド・部門・販路別のレポート集計業務の煩雑化などの課題を抱えていました。また、経理部門と営業部門で同一条件の損益計算書を保有し、経営において迅速な意思決定に役立てることも必須要件でした。そこで、経営情報の一元管理・可視化が可能で、管理業務を効率化できる仕組みとして「Oracle Planning and Budgeting...

日本住宅パネル工業、人事関連システムをOracle Cloudへ全面移行

本日、日本住宅パネル工業協同組合が、人事関連システムを構成するハードウェア基盤を刷新し、「Oracle Cloud」へ全面的に移行し、稼働を開始したことを発表しました。発表資料はこちら。 日本住宅パネル工業(パネ協)は全国の建具、木工業者などで構成された全国規模の事業協同組合です。工業化した内装部材・部品の供給メーカーと...

本日、日本住宅パネル工業協同組合が、人事関連システムを構成するハードウェア基盤を刷新し、「Oracle Cloud」へ全面的に移行し、稼働を開始したことを発表しました。発表資料はこちら。 日本住宅パネル工業(パネ協)は全国の建具、木工業者などで構成された全国規模の事業協同組合です。工業化した内装部材・部品の供給メーカーとして、また、これらをシステム化し、企画・設計から現場施工・アフターメンテナンスに至るまで、内装トータル企業として業務を展開しています。 日本住宅パネル工業では、社内システム(ポータル・会計・人事給与・販売・工事管理など)をオンプレミスのハウジング環境で利用し、システム専任部門はなく他業務との兼任で運用管理を行ってきました。日々の運用管理業務やサーバー更新の度に発生する機器調達や載せ換えの労力やコストを抑え、その分を本来の業務に充てることが重要課題でした。そのため、導入および運用コストを含む全体のコスト・パフォーマンス向上を図るため、各システムのパブリック・クラウドへの移行を計画してきました。 同社は、第1弾として、国産ERPと他社製...

ダイキン工業 化学事業部、デジタル・マーケティングによる営業の生産性向上とグローバル営業情報の可視化を目的に、Oracle Cloudを採用

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は、ダイキン工業株式会社(本社:大阪府大阪市北区、取締役社長 兼 CEO:十河 政則)化学事業部が、デジタルを活用した営業活動の促進による生産性向上とグローバル営業情報の可視化を目的に「Oracle Marketing...

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は、ダイキン工業株式会社(本社:大阪府大阪市北区、取締役社長 兼 CEO:十河 政則)化学事業部が、デジタルを活用した営業活動の促進による生産性向上とグローバル営業情報の可視化を目的に「Oracle Marketing Cloud」のマーケティング・オートメーション製品「Oracle Eloqua」、顧客管理・営業支援のクラウド「Oracle Sales...