X

A blog about Oracle Japan News Portal

News Release

住友ベークライト、主力事業の海外4拠点のサプライチェーン最適化に向けてオラクルのERPクラウドを導入

本日、高機能プラスチック製造等を中心にグローバル規模で事業展開する住友ベークライト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:藤原 一彦)が、海外4拠点*におけるサプライチェーンから会計までの経営情報の一元化と業務標準化に加え、内部統制を強化する目的で、オラクルのクラウドERPである「Oracle Fusion...

本日、高機能プラスチック製造等を中心にグローバル規模で事業展開する住友ベークライト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:藤原 一彦)が、海外4拠点*におけるサプライチェーンから会計までの経営情報の一元化と業務標準化に加え、内部統制を強化する目的で、オラクルのクラウドERPである「Oracle Fusion Cloud ERP」の導入を開始し、この度、マカオ拠点で稼働したことを発表しました。発表資料はこちら。 *海外4拠点(マカオ、マレーシア、インドネシア、シンガポール)   住友ベークライトは、日本で初めてプラスチック製造を行った会社を起源に、主力事業である高機能プラスチックや半導体関連材料等の製造をグローバルで展開しています。従来、海外4拠点それぞれでERPを導入し、カスタマイズして使用していたため、業務プロセスが共通化されておらず、事業経営全体の運営において情報収集も十分ではありませんでした。そこで、経営情報の一元化と業務標準化を目指し、海外製造販売子会社全体に最適なシステムを模索していました。  ...

ファイテン、Oracle Cloudで販売管理システムの性能を強化し、業務効率を向上

本日、ファイテン株式会社が、販売管理システムのデータベース基盤を「Oracle...

本日、ファイテン株式会社が、販売管理システムのデータベース基盤を「Oracle Database Cloud」に移行し、効率的なデータ管理と最大40倍の大幅な性能向上を実現したことを発表しました。発表資料はこちら。 ファイテンは「すべては健康を支えるために」をコンセプトとして、スポーツ関連商品や健康グッズをはじめ、さまざまな商品を展開しています。同社の販売チャネルは、全国各地に同社の商品を幅広く取り扱うファイテンショップ、独自のECサイトであるファイテンオフィシャルストアなどの直販のほか、各種スポーツ量販店や百貨店、ドラッグストア、美容室、治療院など多岐にわたります。 こうした卸販売や小売にかかわる仕入および在庫、売上などに関するデータはすべて販売管理システムに蓄積されており、全社のさまざまな部門が日常的に利用しているほか、ECサイトなどとも連携しており、24時間365日止めることは許されないシステムとなっています。この販売管理システムは国産ベンダーのパッケージのアプリケーションおよび「Oracle Database...

従業員のメンタルヘルスをサポートし、変化する職場への適応を支援するオラクルのEmployee Care Package

著:オラクル・コーポレーション エミリー・ヒー 新型コロナウイルスによるパンデミックは世界を根底から覆し、その間、企業は事態に対応してさまざまな調整を図らなければなりませんでした。今年初め、オラクルの人材管理(HCM)製品の顧客向けに、 「Workforce Health...

著:オラクル・コーポレーション エミリー・ヒー 新型コロナウイルスによるパンデミックは世界を根底から覆し、その間、企業は事態に対応してさまざまな調整を図らなければなりませんでした。今年初め、オラクルの人材管理(HCM)製品の顧客向けに、 「Workforce Health and Safety」ツールへの無料アクセスを提供することを発表しました。さらに新たなサポートを提供するために、オラクルはHCMのツールやテクノロジーをまとめ、人事部門がより安全かつスマートに従業員のサポートが行えるよう、「Employee Care Package」の提供を開始しました。現在、150社以上のお客様が「Workforce Health and Safety」を活用しており、多数のパートナーがこのソリューションの導入を無償で行っています。...

創業122年の濱田重工、オラクルのクラウドを活用したデジタル・トランスフォーメーションによる経営改革を推進

本日、鉄鋼関連事業を展開する濱田重工株式会社(本社:福岡県北九州市戸畑区、代表取締役社長:松本 豊)が、時代の変化や社会の要請に応じた新規事業立上げに向けて、経営の迅速な意思決定や社内人材の有効活用による生産性向上を目的に、オラクルのクラウドERPである「Oracle Fusion Cloud...

本日、鉄鋼関連事業を展開する濱田重工株式会社(本社:福岡県北九州市戸畑区、代表取締役社長:松本 豊)が、時代の変化や社会の要請に応じた新規事業立上げに向けて、経営の迅速な意思決定や社内人材の有効活用による生産性向上を目的に、オラクルのクラウドERPである「Oracle Fusion Cloud ERP」とクラウド経営管理ソリューションである「Oracle Fusion Cloud Enterprise Performance Management (EPM)」を導入し、2020年8月に稼働開始したことを発表しました。発表資料はこちら。 ...

ワークスアプリケーションズ、ERPマネージド・サービスHUE Classic Cloudの基盤としてOracle Cloud Infrastructureを採用

本日、Oracle PartnerNetwork (OPN) 2020メンバーであり、大手企業向けERPパッケージ・ソフトウェアを展開する株式会社ワークスアプリケーションズが、ERPマネージド・サービスHUE Classic Cloudの基盤として「Oracle...

本日、Oracle PartnerNetwork (OPN) 2020メンバーであり、大手企業向けERPパッケージ・ソフトウェアを展開する株式会社ワークスアプリケーションズが、ERPマネージド・サービスHUE Classic Cloudの基盤として「Oracle Cloud Infrastructure」を採用したことを発表します。発表資料はこちら。 ワークスアプリケーションズは、大手企業向けERPパッケージ・ソフトウェアとしてHUEおよびHUE Classicを提供しており、財務、経理、購買・調達、業務プロセス管理など、幅広いシステムが多くのユーザーに利用されています。昨今のテレワーク環境導入やDX推進などを背景に、同社のシステムやサービスへの顧客企業からの要望も変化しています。今回、Hue Classic既存ユーザーからの運用の効率化を図りたいという要望に応える形で、ERPパッケージ・ソフトウェアのライセンスとリソース管理、監視、レポーティングなどの運用管理を一体的に提供するマネージド・サービスであるHUE Classic...

大阪大学、日本オラクル株式会社、日本電気株式会社、 新型コロナウイルス感染症対策などに向け、クラウドバースティングを通じたベアメタル計算資源提供

本日、大阪大学、NECと共同で、下記の発表を行いました。発表資料はこちら。(画像提供:大阪大学)...

本日、大阪大学、NECと共同で、下記の発表を行いました。発表資料はこちら。(画像提供:大阪大学) 【研究成果のポイント】 大阪大学、日本オラクル株式会社、日本電気株式会社(NEC)が連携し、大阪大学のスーパーコンピュータOCTOPUSにOracle Cloud Infrastructureの計算資源を活用する機能(クラウドバースティング※1)を拡張した。その結果、すでに実装済みである他クラウドサービス事業者の仮想計算機資源に加え、Oracle Cloud Infrastructureの提供する、ハードウェア性能を高効率に引き出せるベアメタル計算資源※2をあたかもオンプレミス計算環境OCTOPUSであるかのように利用できるようになった。 ジョブスケジューラNEC NQSII※3を基盤技術とし、実装方式の異なる複数の民間クラウドサービス上の計算資源を一元的に統合・制御・管理するマルチクラウドバースティング機構を実現した。この結果、利用者の計算要求・ニーズに応じた多様な計算資源の提供が可能となった。 大阪大学はOracle...