X

A blog about Oracle Japan News Portal

  • July 4, 2013

三井住友海上あいおい生命保険、MS&ADシステムズが、「SPARC T5」サーバーを採用し、生命保険契約者情報管理システムのクラウド基盤を構築

Norihito Yachita
広報室長

2020年までに契約件数が大幅に増加すると想定。3倍以上の増加*を見込む業務処理件数に対応~
* 三井住友海上あいおい生命保険調べ。2012年時点との比較
本日、三井住友海上あいおい生命保険株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:佐々木 靜)およびMS&ADシステムズ株式会社(本社:東京都杉並区、代表取締役社長:山内 憲二)が、生命保険の契約者情報管理システムのクラウド基盤構築に、オラクルの「SPARC T5」サーバーを採用したことを発表しました。発表資料はこちら
20134月に提供開始した「SPARC
T5
」サーバーの本採用は、日本企業として初めてとなります。

三井住友海上あいおい生命保険は、
20133月末時点で244万件の契約数を有しています。MSADシステムズは、同社の保険システム全般の構築・運用を担っています。三井住友海上あいおい生命保険は、2020年までに契約件数が大幅に増加すると想定し、それに伴い契約者に関する業務処理件数も3倍以上に増加*すると予測しています。契約者や販売代理店のニーズに応える安定的・高品質なシステム・インフラを整備・強化する一環で、コールセンターや代理店などと連携した契約者情報管理システムの基盤を統合・集約し、クラウド化による柔軟な拡張性に加え、事業継続性・耐障害性を強化しています。
* 三井住友海上あいおい生命保険調べ。2012年時点との比較

三井住友海上あいおい生命保険の契約者情報管理システムのクラウド化にともない、「
Oracle Database 11g R2 Enterprise Edition」のサーバー基盤にオラクルのオペレーティング・システム「Oracle Solaris 11」を搭載した「SPARC T5」サーバーの採用を決定しました。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.