X

A blog about Oracle Japan News Portal

設備・資産リースのSMFLキャピタル、営業の生産性向上を目的に、オラクルのマーケティング・クラウドを導入

SMFLキャピタル株式会社が、営業の生産性向上を目的に、マーケティング業務向けクラウド・アプリケーション製品群「OracleMarketingCloud」のマーケティング・オートメーション製品「OracleEloqua」を導入したことを発表しまし た。発表資料はこちら

SMFLキャピタルは、一部のメーカー・販売会社の担当者向けに自社開発のマーケティング・ツールを活用し、キャンペーン・メールの案内など定期的な情報提供を行っていました。しかしながらキャンペーンのシナリオを変更する際に自社 のIT部門に依頼する必要があり、キャンペーンの改善・実行までに時間を要していました。また、キャンペーンの分析に関してもリンクへのクリック数しか把握できず、横断的な分析を行えないなど課題を抱えていました。

そこで、マーケティング部門担当者がシナリオ変更や分析を行えるクラウド・サービスの導入を決定し、地域・業界別などの詳細なターゲッティング、メール配信、メールの開封率など顧客のエンゲージメントの把握や分析を同じプラッ トフォーム上で管理できる「OracleEloqua」を採用しました。

これにより、メール配信準備や配信結果確認後のフォローアップまでのサイクルタイムが75%短縮され、「OracleEloqua」はよりタイムリーな情報提供ができるツールとして評価されています。導入後は対象を全国のメーカー・販売会社に拡 大し「OracleEloqua」の機能を活用し、見込顧客に向けて、適切なタイミングに適切なメッセージを送るなどのナーチャリングを行い、メールによるファイナンスの利用促進を行っています。今後は、さらに利用対象者の範囲を拡大し、コ ンテンツの充実により同社認知度の向上に向けた施策に取り組んでいきます。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.Captcha

Recent Content