X

A blog about Oracle Japan News Portal

アウトソーシングビジネスサービス、ダイバーシティによる価値創造とデータ・アナリスト育成を目的に、オラクルの自律型データベースを活用

本日、株式会社アウトソーシングビジネスサービス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:眞鍋 謹志)が、約100名の従業員が利用するデータ分析基盤を「Oracle Autonomous Data Warehouse」をはじめとする「Oracle Cloud」で構築し、第一弾として、国内グループ従業員約35,000名の健康管理を経営視点で戦略的に実施するためのシステム基盤を構築したことを発表しました。発表資料はこちら

アウトソーシンググループの一員であるアウトソーシングビジネスサービスは20159月に設立、特例子会社の認可を受け、従業員の9割以上が障がいを持ち、ダイバーシティを推進しています。同社のひとりひとりの特性を理解し、アウトソーシングが持つ運営ノウハウの支援によって、採用から会社の運営までを自らで行い、アウトソーシンググループのシェアードサービス部門として事業展開しています。

国際連合が定めたSDGs(持続可能な開発目標)には、従業員の働きやすい環境の構築や健康管理の徹底は企業にとって重要な指標となっています。アウトソーシングの国内グループ従業員が約35,000名、国内連結子会社約30社、自社だけでも約50拠点を超えるなか、従業員の健康管理を経営的な視点で取り組むことが急務となっていました。

しかし、拠点や事業部門ごとにExcelや紙ベースで情報が管理されており、会社全体の従業員の現状が把握できず、タイムリーなアクションを取ることができない状況でした。アウトソーシングビジネスサービスは、将来的に、あらゆる業務データが一元化されるシステム環境の構築を目指し、第一弾として、健康経営を推進する柔軟で高性能・高セキュリティなシステム基盤を早急に構築する必要がありました。さらに、IT担当者が社内に少ない同社では、システム開発が容易で誰にも使いやすく、メンテナンス作業や運用管理を自動化できるソリューションを求めていました。

アウトソーシングビジネスサービスでは、「Oracle Autonomous Data Warehouse」および「Oracle Application ExpressAPEX)」を採用し、部門や拠点で管理されていたデータを一元化し、データを有効活用するための健康経営システム基盤の構築を行いました。「Oracle Autonomous Data Warehouse」上で、各部門や拠点ごとにExcelや紙ベースで管理されていた国内約35,000名の従業員の健康情報を一元化し、拠点や業務などの勤務情報などを組み合わせて、シームレスにデータを参照、抽出できる環境を整備しています。また、「Oracle APEX」を用いたアプリケーションで、システム運用者であるアウトソーシングビジネスサービスのスタッフをはじめ、産業保健師、産業医、安全衛生担当者、健康経営推進担当者などの幅広い部門にまたがる100名がデータ・アナリストを目指し、セルフサービスで容易に必要なデータを可視化、分析し、タイムリーなアクションを提示できる環境を整えています。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.

Recent Content