X

A blog about Oracle Japan News Portal

Oracle Cloudが Microsoft Azureとの相互接続を日本に拡張

本日、「Oracle Cloud 東京リージョンとMicrosoft Azure東日本リージョン間において低遅延な相互接続を開始したことを発表しました。この相互接続の開始は、20196月に発表した「Oracle Cloud およびMicrosoft Azure間でミッション・クリティカルなエンタープライズ・ワークローの移行、展開が可能となるクラウドの相互運用性に関する統合の一貫であり、既に接続を開始しているアッシュバーン、バージニア(アメリカ)、トロント(カナダ)、ロンドン(英国)、アムステルダム(オランダ)に次ぎ、アジア地域では東京が最初の展開となります。発表資料はこちら

昨今、日本市場ではデジタル・トランスフォーメーションの推進により、既存のIT投資を保護しながら、目的にあった最適なサービスやツールを活用するために、複数のクラウド・サービスを利用したいというお客様の需要が高まっています。オラクルおよびマイクロソフトのサービスを利用している日本のお客様の多くは、今回の東京における低遅延な相互接続により、「Oracle Cloud」とMicrosoft Azureとで実行されているアプリケーション間での相互運用が可能になります。既に両社のクラウド活用を進めているお客様は、一部のワークロードを「Oracle Cloud」で実行し、同じワークロードの別の部分をAzureで実行することが可能となり、既存のIT投資を保護しながら、高度に最適化された両クラウドの最高の部分を活用することができます。例えば、「Oracle Cloud Infrastructure」上の「Oracle Autonomous Database」や「Oracle Exadata」など、お客様が選択するデータベース・ソリューションと接続するエンタープライズ・アプリケーションをMicrosoft Azure上で実行、または、Azure IoTサービスや「Oracle Digital Assistant」などのクラウド・ネイティブ・サービスを活用して、既存のアプリケーションのモダナイゼーションなど、両社のソリューションを有効に活用したいというお客様のニーズに対応します。

この相互接続において、オラクルとマイクロソフトは統合されたIDとアクセス管理も提供します。お客様はクラウド・リソースとアプリケーションにアクセスする際に複数のパスワードを管理する必要がありません。また、共同サポートモデルとグローバル・パートナー・エコシステムにより、オラクルおよびマイクロソフト共通のお客様に、クロス・クラウドで実現するり高度な柔軟性および選択肢を提供します。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.

Recent Content