X

A blog about Oracle Japan News Portal

マネックス証券、次世証券基幹システムをOracle Exadata X8で刷新

Norihito Yachita
広報室長

本日、マネックス証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:清明祐子)が個人情報保護の強化のためのデータベースの暗号化などを目的として、証券基幹システムにオラクルの高性能データベース・プラットフォーム「Oracle Exadata Database Machine X8(以下、Oracle Exadata X8)」を採用したことを発表しました。発表資料はこちら

2019年に創業20周年を迎えたマネックス証券は、日本、米国、香港、オーストラリアに子会社を持つ持株会社マネックスグループ株式会社の主力事業として機能しています。総合オンライン証券として個人投資家へ世界最高水準の金融サービスを提供することを目指しており、レポートやロボアドバイザー、ラップ(投資一任)サービスなど、AIやFinTechを活用した先進的なサービスの提供も進めています。

このように先進的なネット証券として業界をリードするマネックス証券では、ネット証券取引システムのフロントエンドおよびバックエンドシステムとして、「GALAXY*」と呼ばれる独自の証券基幹システムを利用しています。そのインフラとして、同社は2014年に汎用サーバーから「Oracle Exadata」に移行しました。背景にはIT費用改善やバッチ遅延障害からの脱却といった目的があり、「Oracle Exadata」へ移行したことにより、オンライン、バッチ処理のいずれでも高速化を果たしたほか、処理高速化に伴う運用負荷の軽減も実現しています。
*株式、投資信託、債券、入出金、ポイント・サービス、特定口座、NISA口座などインターネット証券で提供している総合的なサービスに対応

その後、他社のデータベース製品で構築された別システムのデータベース基盤を「Oracle Database」へ集約、内製化によるアジリティの確保、そして今後強化される個人情報の保護等のさらなるセキュリティ対応の必要性が生じたことから、新たなインフラへの移行が検討されていました。

このような背景から、マネックス証券では「最新版で長期サポートを受けられるデータベースへのスムーズな移行」や「従来と同等以上の性能と可用性の実現」、などを要件としてシステム更改の検討を行いました。この中で「Oracle Exadata X8」と、汎用IAサーバーと「Oracle Database」を組み合わせた環境を比較するPOC(Proof of Concept:概念実証)を実施し、その結果「Oracle Exadata X8」の採用を決定しました。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.

Recent Content