X

A blog about Oracle Japan News Portal

三菱ふそうトラック・バス株式会社、約1万人の従業員のパフォーマンス向上と人事業務の効率化に、オラクルのHCMソリューションを活用

Norihito Yachita
広報室長

本日、三菱ふそうトラック・バス株式会社が、約1万人の従業員のパフォーマンス向上と人事業務の効率化を目的に、オラクルのクラウド型人事ソリューション「Oracle Human Capital Management (HCM) Cloud」を導入・稼働したことを発表します。発表資料はこちら

MFTBCは、ドイツのダイムラーグループに所属し、ダイムラー・トラック・アジアの一員でもある日本を代表する商業自動車メーカーであり、従業員の職種や国籍、文化などが多岐に渡っています。このように国際的で多様性のある企業が、競争力を維持し社員にとって魅力的な組織であり続けられるよう、シンプルかつパフォーマンス重視型の新しい人事制度の導入を実現するための新システムが必要となっていました。

また、人事管理システムが用途ごとに複数存在していることから、システム間のインターフェースやデータ管理プロセスが複雑化しており、人事関連業務の効率性や従業員の利便性、システムの維持管理において多くの課題を抱えていました。組織と人材が魅力的であり続けるための新人事制度をスムーズに運用し、シンプルかつ効率的な人事関連業務を実現するため、統合的な新しい人事システムの導入を検討し、「Oracle HCM Cloud」の採用を決定しました。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.