X

A blog about Oracle Japan News Portal

クラウディア、高品質のウェディング商品提供および婚礼サービス向上に向けデータ活用基盤にオラクルの自律型データベースを導入

Norihito Yachita
広報室長

本日、株式会社クラウディアホールディングス(本社:京都府京都市、代表取締役会長兼社長:倉 正治、以下「クラウディアHD」)が同社のブライダル事業におけるデータ分析基盤として「Oracle Autonomous Data Warehouse」を採用したデータ分析基盤の運用を開始したことを発表します。発表資料はこちら

クラウディアHDは、1976年の会社設立以来、信頼される確かな商品づくりを基本理念に、婚礼衣裳の企画・製造・販売事業を展開してきました。その後、リゾート挙式、式場運営などの婚礼事業も展開し、日本の婚礼文化の発展に貢献する「総合ブライダル企業」へと進化を遂げています。

クラウディアHDでは、事業拡大に伴うアプリケーションの改修に加え、これまで蓄積してきた婚礼衣裳および関連商品の生産管理および販売管理の膨大なデータも、分析の仕方を変えることで、受注傾向やトレンドの分析などに活用していきたいと考え、ITシステムの刷新を図っています。

クラウディアHDの基幹システムは、主にウエディングドレスやタキシード、アクセサリーなど受注生産業務に携わる約100名のスタッフが利用する生産管理システムと、約600名の店舗、式場運営、営業関連スタッフの利用する販売管理システムからなり、いずれも現在オンプレミスの環境で稼働しています。15年前に構築したこのシステムは、稼働事業規模の変化に伴い改修を加えながら利用されてきましたが、サーバーのトラブルなどの問題もあり、今後の事業成長や拡大を見据え、大掛かりな改修および移行が必要な状況にありました。

一方で、受注実績、売上実績、ブランド毎の受注分析、店舗ごとの受注状況、在庫状況など事業における重要なデータは、全てこのシステムで管理されており、経営層、各部門、および店舗が必要とするデータの抽出や加工は、定期的にそして必要な際には随時、データベースにアクセス権限のある情報システム担当者が手作業で行っていました。この状況は、基幹システムのみならず会社のITシステム全般の管理を担う情報システム担当者にとって大きな負担となっていました。

同社ではこうした状況を改善し、さらに膨大なデータを用いて現状把握と予測を行い、将来の商品およびサービス強化に向け有効活用してくため、「Oracle Autonomous Data Warehouse」を導入し、新たにデータ活用基盤を構築しました。データ活用基盤を構築することで、莫大なコストがかかる基幹システムのプログラム修正や従業員への負担のかかる運用変更を避けつつ、基幹システムのデータの可用性を高め、データに携わる情報システム担当者、店舗スタッフ、経営層など全ての従業員に必要なときに必要なデータへのアクセスを可能にしています。

 

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.