X

A blog about Oracle Japan News Portal

コクヨグループのカウネット、機械学習による顧客分析とデジタル・マーケティングをOracle Cloudで実現

コクヨグループでオフィス通販を行う株式会社カウネットが、新規顧客の獲得と顧客ロイヤリティの向上を目的に、「Oracle Marketing Cloud」と「Oracle Cloud Platform」などのオラクルのクラウド・サービス群を導入したことを発表します。発表資料はこちら

カウネットではこれまで、ECサイト上での充実したコンテンツ展開や推奨商品の提示などを行ってきましたが、新たな施策として、顧客分析を強化し、その分析結果を活用したパーソナライゼーションに取り組みます。ECサイトの表示やメールマガジンのコンテンツ配信のパーソナライゼーションを実現するため、オラクルのクラウド・サービスを組み合わせたマーケティング・プラットフォームの提案を高く評価し、採用を決定しました。

カウネットでは、オラクルのクラウド・サービスを組合せたマーケティング・プラットフォームを以下の点で評価しています。

  • 「Oracle Maxymiser」は、機械学習によりテストを重ねることで、ECサイト上に自動的に適切なオーディエンスに向けた適切なコンテンツを提示し、実装まで行えるクラウド・サービスである点
  • 「Oracle Responsys」を活用したメール・マーケティングでは、Web行動データを細かい粒度で取り込み、システム上で自動的にターゲットに合わせた適切なコンテンツを生成・配信することが可能な点
  • 「Oracle Analytics Cloud」により、マーケティング・キャンペーンのシナリオ作成に必要なRFM*分析、デシル分析、クラスタ分析、アソシエーション分析などの顧客情報分析が可能な点
  • 「Oracle Analytics Cloud」の直感的なUIと機械学習により、「Oracle Database Cloud」上のデータをGUIベースで結合及び絞り込みができ、業務部門でのデータ統合や加工といったセルフサービスBIの実現が可能な点
  • オラクル1社で、今回の取り組みを実現するために必要なクラウド・サービスを提供できるため、連携・開発工数の負荷が少なく、導入後の窓口もオラクルで完結できる点
    *Recency(最新購入日)、Frequency(購入頻度)、Monetary(購入金額)の3つの指標で顧客を分類する方法

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.Captcha

Recent Content