X

A blog about Oracle Japan News Portal

過疎地域の活性化を目指すISOU PROJECT、地域通貨の流通基盤としてオラクルのブロックチェーンを採用

本日、日本オラクルがメンバーとして参加する過疎地域の次世代交通・エネルギー問題に取り組むISOU PROJECTにおける地域通貨の流通および管理プラットフォーム基盤として「Oracle Blockchain Platform」が採用され、8月に行われる実証実験へ参加することを発表します。発表資料はこちら

現在、地方部での公共交通機関の廃止に伴い、通学困難などの交通弱者や自らの運転を余儀なくされた高齢者による事故が大きな社会問題となっています。さらに、バス運転手など移送人員の不足や人件費と燃料費の高騰は、交通機関を運営する地方自治体や地域企業の経営を圧迫し、商工業の中心である商店街の苦戦も重なり、地方経済では様々な課題が発生しています。ISOU PROJECTでは、これらの地域課題への取り組みとして、電気自動車(EV)や再生エネルギー、さらにはブロックチェーン技術を用いた次世代交通システムおよびエネルギープラットフォームの実現により、新たな移動手段の提供や地域の活性化、エコ社会の実現を目指しています。

ISOU PROJECTでは用途を限定した地域通貨を発行し、再生エネルギーを燃料とするEV車両へ乗車や地域内施設利用に地域通貨を利用することが想定されています。この地域通貨の実現において、ブロックチェーンサービスの開発で豊富な実績を持つ株式会社INDETAIL(本社:北海道札幌市中央区、代表取締役:坪井大輔)と日本オラクルが連携し、ISOU PROJECTのコンセプトに沿う形で地域通貨プラットフォームを構築しました。

ブロックチェーン基盤として採用された「Oracle Blockchain Platform」は、自動運用、バックエンド・システムとのプラグ・アンド・プレイでの統合、およびエンタープライズ・グレードの信頼性、セキュリティそして性能を備えた、フルマネージド型のブロックチェーン・クラウド・サービスです。必要となるすべてのコンポーネントがサービスに含まれているため、迅速にブロックチェーンを用いたアプリケーションを構築、デプロイできる特長を備えています。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.