X

A blog about Oracle Japan News Portal

アイエスエフネット、エンジニアの働き方改革推進に、統合検証環境をOracle Cloudへ全面移行

本日、株式会社アイエスエフネット(本社:東京都港区赤坂、代表取締役:渡邉 幸義)が、全国にいる約1,800人の同社のエンジニアが利用する統合検証環境のインフラ基盤として「Oracle Cloud Infrastructure」を採用したと発表しました。発表資料はこちら。このインフラ基盤には、「Oracle Cloud Infrastructure」で提供されるAMD EPYC™ プロセッサーベースの「Compute Standard E2」インスタンスのベアメタルを利用しています。

アイエスエフネットは2000年に創業した、日本全国19拠点に展開するITインフラ企業です。ネットワークやサーバーの設計・構築をはじめ、クラウド移行、仮想化、セキュリティなど、ネットワーク・システムに関わる幅広いソリューションを提供しています。

社外で勤務するエンジニア職が多い同社は、働き方改革を推進していく中で、場所を選ばない働き方の実現を模索していました。そのために、社外からでもよりセキュアな環境で検証作業を行え、より多くのエンジニアが同時に個別に検証できる環境構築を必要としていました。そこで、統合検証環境のサーバー基盤の老朽化に伴い、システム移行の検討を開始しました。移行するシステムが自社向けに最適化した要件のシステムであったため、KVMベースのアプリケーションを含む既存のIT資産を活かしたまま移行可能であることが必須条件となっていました。また、セキュリティ強化のためVDI**導入を検討していましたが、既存のサーバーではリソースが不足しており、VDI導入にも適したインフラ基盤を求めていました。
*KVM: Kernel-based Virtual Machine:カーネルベースの仮想マシン
** VDI: Virtual Desktop Infrastructure: 仮想デスクトップ

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.