X

A blog about Oracle Japan News Portal

Oracle HCM Cloudが「第4回 HRテクノロジー大賞」の「人事システムサービス部門優秀賞」を受賞

Norihito Yachita
広報室長

世界200カ国、5,000社以上が利用するオラクルのクラウド型人事管理ソリューション「Oracle HCM Cloud」が、「第4回 HRテクノロジー大賞」(主催:「HRテクノロジー大賞」実行委員会、後援:経済産業省、株式会社東洋経済新報社、株式会社ビジネスパブリッシング、HRテクノロジーコンソーシアム(HRT)、ProFuture株式会社)の「人事システムサービス部門優秀賞」を受賞したことをお知らせします。

「HRテクノロジー大賞」は、日本国内で企業活動を行っている企業、団体の「人事部門」、および「サービス提供会社」を対象に、採用、人材育成、アセスメント、労務管理、人材マネジメント、タレントマネジメント、 業務効率化・高度化などの領域におけるHRテクノロジー、ビッグデータを活用した優れた取り組みを表彰します。

働く人と経営・人事の生産性を向上し未来をつくるAI搭載の全員戦力化ソリューションである「Oracle HCM Cloud」が「人事システムサービス部門優秀賞」受賞した理由は右記のとおりです:人材育成・評価・後任計画などのタレントマネジメントと、採用、人・組織・配置計画などの国内外の人事業務を1つのデータベースで統合的に管理・運用することで、働く人と企業のパフォーマンスを最大化。ポイント・ソリューションではなく、社員一人ひとりの入社から退社までのライフサイクルすべてをマネジメントできる「統合クラウド・タレント・ソリューション」としての独自性が評価されました。

「第4回HRテクノロジー大賞」に53件の応募がありました。授賞式は2019年9月19日(木)
人事担当者向け専門イベント「HRサミット/HRテクノロジーサミット2019」内のプログラムとして開催します。

 

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.