X

A blog about Oracle Japan News Portal

クラブネッツ、Oracle CloudでSNSマーケティング統合基盤のセキュリティおよび拡張性を向上

本日、株式会社クラブネッツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:冨安 仁)が、SNS販促拡張パッケージ「+Direct(プラスダイレクト)」のパートナー企業、導入企業およびエンド・ユーザーにより安全で信頼性の高いサービス利用環境を提供するため、新しいサービス・インフラストラクチャとして「Oracle Cloud Infrastructure」を採用したと発表しました。発表資料はこちら。クラブネッツでは、「Oracle Cloud Infrastructure」を採用した「+Direct 」のサービスを、2019年6月20日から提供開始しています。

クラブネッツでは2017年から、LINE公式アカウントを主体とするSNSマーケティングの総合マネジメントシステム「+Direct 」を販売しています。2019年7月には、ユーザー企業が管理する顧客管理システムやPOSシステムなどのデータベースと連携可能な「+Directマネジメント」や、店舗やブランドが平準的に利用する機能をパッケージ化した廉価版の「+DIRECTライト」など、新たなアカウント構造や新たな機能を強化し、更なる市場拡大に向けてリニューアル展開しています。

クラブネッツでは、「+Direct」のサービス・リニューアルに際し、エンド・ユーザーからのアクセスのピーク時のパフォーマンスを向上させつつ、「+Direct」のパートナーや導入企業およびキャンペーン・サービスを利用するSNSユーザーに“よりセキュアな利用環境を提供すること”を要件としていました。そこで、現在のオンプレミスからパブリッククラウドへのサービス提供インフラの全面移行を決定し、複数のサービスを検討した結果、性能、セキュリティ、予測可能な価格設定を備えた「Oracle Cloud Infrastructure」を採用しました。また、同社では、アプリケーションのセキュリティ強化のため「Oracle Cloud Infrastructure Web Application Firewall」も併せて導入しています。なお、本件は株式会社システムエグゼ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大場 康次)が構成の提案・インフラレイヤーの環境構築を行っており、多角的な視点を持った提案アプローチで必要な要件と最適なコストを実現しました。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.

Recent Content