X

A blog about Oracle Japan News Portal

クレアンスメアード、Oracle Cloudで企業のオムニチャネル戦略支援サービスを強化

本日、株式会社クレアンスメアード(本社:東京都青梅市、代表取締役社長:菊池 一夫)が、同社がサービスとして提供しているポイント管理・顧客管理システムにおいて、「Oracle Autonomous Data Warehouse」と「Oracle Cloud Infrastructure」を導入したことを発表します。発表資料はこちら

クレアンスメアードが提供するポイント管理・顧客管理システムは、商品購入時などにおける顧客へのポイントの付与、購買履歴を含めた顧客情報のCRMによる管理などの機能を持つほか、実店舗のPOSやECサイトの購買情報の取得、さらにはスマートフォンアプリとの連携にも対応したサービスです。すでに流通小売、サービス業を中心とする多くの企業で採用されており、顧客管理や購買活動の分析、さらには実店舗、EC、Webアプリなど複数の顧客接点を統合するオムニチャネル戦略の基盤や複数ブランドをまたぐAPIの管理統合などのニーズに対応しています。

このポイント管理・顧客管理システムに蓄積されたデータは、CRMで汎用的に利用される150種類の分析パターンを備える顧客分析システムで分析を行うことが可能でしたが、顧客企業の幅広い分析ニーズに応えることに対してクレアンスメアードに大きな負担が生じていました。このような背景から、クレアンスメアードがデータウェアハウスを構築して顧客の各種データを蓄積、その上で顧客が自由に分析できる環境を整えることが検討されました。そのデータウェアハウス基盤として採用されたのが「Oracle Autonomous Data Warehouse」です。

「Oracle Autonomous Data Warehouse」は、高速かつ柔軟なデータウェアハウス環境を容易に構築することができるクラウド・サービスであり、機械学習を用いてインデックス処理やキャッシングを自動的に最適化する仕組みを備えているほか、同種の他社クラウド・サービスと比較して、低コストでありながら数倍のスピードでデータ処理が可能なパフォーマンスを備えています。クレアンスメアードでは、実績および高い信頼性を有するオラクルのデータベースを低コストで利用可能であること、機械学習を含めたデータウェアハウスとしての分析自由度の高さ、高度なセキュリティを評価し、「Oracle Autonomous Data Warehouse」の採用を決定しました。

なお「Oracle Autonomous Data Warehouse」に接続する自由度の高い分析ツールとして、クレアンスメアードでは「Oracle Analytics Cloud」の提供を開始しています。「Oracle Analytics Cloud」は「Oracle Autonomous Data Warehouse」との接続をサポートし、データベースの性能を最大限に享受できます。また、分析担当者に最適なチャートを推奨したり、担当者自ら、分析データをフロー形式で準備、加工したりすることも可能です。

さらにクレアンスメアードでは、データの収集などを行うための仮想マシンとして、「Oracle Cloud Infrastructure」も採用しています。同様の用途でこれまで複数のIaaSが利用されてきましたが、パフォーマンスや安定性、ストレージのデータ量の制限といった点で課題がありました。そこで同社は複数のIaaSを比較検討した結果、「Oracle Cloud Infrastructure」を採用しました。

 

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.

Recent Content