X

A blog about Oracle Japan News Portal

チェッカーサポート、7,000名の人材派遣業務を支える人事管理システムをOracle Cloudへ全面移行

本日、レジ業務派遣・委託をはじめとした人材派遣業務を行う株式会社チェッカーサポート(本社:東京都江東区、代表取締役:伏見 啓史)が、同社の人事給与情報管理、勤怠管理を行う国産人事給与パッケージの稼働基盤を「Oracle Cloud Infrastructure」へ全面的に移行し、稼働を開始したことを発表しました。「Oracle Cloud Infrastructure」の導入により、低価格で、今後の管理対象人数の増加へ柔軟に対応する環境を構築しながら、給与計算処理では約75%*の処理時間短縮という高い性能を実現し、ITおよび利用者の生産性向上に貢献しています。発表資料はこちら
* チェッカーサポート調べ

チェッカーサポートは、2002年の設立以来、全国のス百貨店、スーパー、ディスカウントストアを始め、空港、飲食店、専門店など、さまざまな業種・業態のレジ・店舗運営の代行業務(スタッフの採用、教育、金銭やシフトの管理など)事業を展開し、現在約7,000名のスタッフを有しています。

同社はこれまで、人材アウトソーシングに従事する従業員約180名が利用する委託・派遣スタッフの人事給与管理、勤怠管理をオンプレミス版の国産人事給与パッケージで行ってきました。5年毎に予定されているハードウェア改修のコストと手間を削減し、管理対象人数の増減に柔軟に対応する柔軟性、事業継続のための可用性を実現するため、クラウドへの移行を決定しました。複数のパブリック・クラウドを比較した結果、コスト、安定運用のための性能およびサポートを評価し、「Oracle Cloud」を選定しました。

 

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.

Recent Content