X

A blog about Oracle Japan News Portal

BlueMeme、アジャイル開発サービス対応基盤としてOracle Cloudを採用

本日、株式会社BlueMemeが超高速開発基盤「OutSystems」を用いたアジャイル開発サービス「agile SDK™」の対応基盤として「Oracle Cloud Infrastructure」を採用したと発表しました。発表資料はこちら。また、同社では、社内システムおよびトレーニングの基盤としても「Oracle Cloud Infrastructure」を採用しています。

BlueMemeは、ソフトウェア開発の分野における自動プログラミング技術と、2001年に宣言されたアジャイル開発手法を組み合わせることによって、大規模かつ複雑な業務アプリケーションの開発生産性を大きく向上させることを目的として、2009年6月に設立しました。プログラマのコーディング作業を自動化する自動プログラミング技術と、少人数で効率的な開発を実現するアジャイル開発手法、深層学習技術によるモデルデータ分析を活用することで、プログラマやエンジニアを活用することなく、業務アプリケーションを使用するユーザー自身が業務アプリケーションの開発を行うという、シチズンデベロッパーによるイノベーションの実現をコーポレートミッションとして事業を展開し、超高速開発基盤「OutSystems」、最新のサーバーレスアーキテクチャを採用した次世代型の統合認証基盤「Auth0」、NoSQLデータベース「MarkLogic」などの製品および開発サービスを提供しています。

現在、企業システムのクラウド化とスマートデバイスの急速な普及に伴うIT人材の不足が顕著化しており、プログラマを必要としない自動プログラミング技術と、少人数チームによるアプリケーション開発が可能なアジャイル開発手法が注目されています。また、中長期的には、ITを活用した新たなビジネスモデルの登場とともに、業務アプリケーションのモジュール化と短命化が進み、現在の業務アプリケーション開発の大部分において自動プログラミング技術を活用したアジャイル開発への需要拡大が見込まれます。BlueMemeは、2012年に日本で初めて超高速開発基盤「OutSystems」の導入及び付随する開発を顧客へ提供して以来、「OutSystems」の販売、ローカライゼーション、トレーニング及び日本国内の製品サポートを提供してきたほか、「OutSystems」を用いたアジャイル開発サービス「agile SDK™」を提供してきました。BlueMemeは、本サービス提供に関して、エンタープライズ・クラスのシステム構築のノウハウをそのままクラウドで活用でき、かつ優れたパフォーマンスとセキュリティを低コストで実現するパブリック・クラウドを検討していました。さらに、中長期的なアジャイル開発の需要拡大や変化する顧客のニーズに対応するため、柔軟なリソースおよびサービス拡張に対応するクラウド・インフラストラクチャを探していました。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.