X

A blog about Oracle Japan News Portal

3Hホールディングス傘下の3Hクリニカルトライアル、オラクルのクラウドを活用し、ライフサイエンス分野でデータ・ドリブンなマーケティング事業を強化

Norihito Yachita
広報室長

本日、臨床試験事業を行う3Hクリニカルトライアル株式会社が、核となる治験事業で培ったデータ基盤を駆使し、ライフサイエンス分野における患者インサイトを元にしたサービスを拡充する目的で、「Oracle Customer Experience (CX) Cloud」サービス群を採用しました。発表資料はこちら

3HCTは、医薬品の承認で必要となる臨床試験の被験者募集を支援するサービスを提供しているほか、生活習慣病の早期発見や治療に役立つ、84万超の会員を有する情報サイト「生活向上WEB」を運営するなど、ヘルスケアに関わる幅広い事業を展開しています。

3HCTでは、今後、疾患や属性に特化した20の特設ページを展開する「生活向上WEB」の運営などによって得られた会員情報を適切に管理・活用し、ライフサイエンス・マーケティング事業を展開していくための第一弾として、クラウド型CRMソリューション「Oracle Engagement Cloud」とカスタマー・サービスに必要な機能を網羅した「Oracle Service Cloud」を軸とする新たな顧客管理および問い合わせ対応基盤を構築しました。また、会員のWebサイト上での行動を把握し、適切な情報を適切なタイミング、適切な顧客へ提供するためのソリューションとして、マーケティング・オートメーションを実現する「Oracle Eloqua」、コンテンツのパーソナライゼーションをはじめとする機能でWebサイトの最適化を支援する「Oracle Maxymiser」、メールやWebサイト、モバイル・アプリなど幅広いチャネルを使った顧客コミュニケーションを可能にする「Oracle Responsys」、自社データとサード・パーティ・データを組み合わせ、ターゲットとなるオーディエンスごとに最適化されたプロモーションを実現する「Oracle Bluekai」も実装する予定です。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.

Recent Content