X

A blog about Oracle Japan News Portal

ウィルグループ、オラクルの自律型データベースを採用し、デジタル変革の推進を加速

本日、株式会社ウィルグループ(本社:東京都中野区、代表取締役会長 CEO:池田 良介)が同社の事業の中枢を担う派遣社員管理システムのデータベース基盤として「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」を採用したことを発表します。発表資料はこちら

ウィルグループは、1997年に設立した株式会社セントメディア(現、株式会社ウィルオブ・ワーク)を前身として人材派遣、人材紹介などの人材サービス分野の事業を展開し、2006年に純粋持ち株会社ウィルホールディングスを設立、2012年に現在のウィルグループに商号変更、現在では海外6カ国で事業を展開し、連結で50社を超える企業グループに成長しています。人手不足や働き方改革、外国人労働者の増加など労働力市場をめぐる環境が大きく変化する中、人材派遣業界の需要は高まり、同社でもアジア地域を中心に事業が拡大しています。ウィルグループは、事業拡大を進めていく上で、業務を支えるITの刷新を成長戦略の一つとしています。

同社のIT刷新の一環として、20167月に新しい基幹システムとして「派遣社員管理システム」が稼働しました。同システムは、派遣スタッフの管理、顧客企業から提示される仕事内容の管理、両方をマッチングする機能などを備え、契約管理、勤怠管理、給与管理なども行い、現在約20,000人の社内外のスタッフが常時利用しています。ウィルグループでは、現在オンプレミスで稼働しているこのシステムを、少人数のIT部門で運用し、トラブル対応やベンダー管理に非常に多くのITリソースがかかるという課題に直面していました。そこで、新規サービスの開発など「攻めのIT」により多くのITリソース投入できるようにするため、運用管理の工数をかけずに、安定したパフォーマンスを維持し動き続けるシステム基盤への移行を検討しました。

そこで、既に「Oracle Database」のユーザーであったウィルグループは、エンタープライズにおける「Oracle Database」の実績や信頼性に加え、構築、運用管理にリソースをかけずにデータベースを利用できる「Oracle Autonomous Database」の検証を行いました。既存システムを「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」を活用したデータベース基盤に移行する検証を行い、本番に近いデータ量および環境にて数種類のテストを実行、特定のワークロードではオンプレミスと比較して10倍以上のパフォーマンスを得るなど平均より高いパフォーマンスが得られたほか、想定以上に手をかけずに移行が可能であることを確認しました。この移行検証における高いパフォーマンスを評価し、ウィルグループでは「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」の採用を決定しました。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.