X

A blog about Oracle Japan News Portal

「Be a change maker」‐国際女性デーに女性活躍を推進する働き方や職場環境を考えるイベントを開催【後編】

3月8日は、国際女性デー。今年、日本オラクルでは、「社員ひとりひとりが理想とする会社になるための『変化』の力になっていければ」という想いを込め”Be a Change Maker”をテーマに、日本オラクルのOWLメンバーが中心となり、パネルディスカッションとゲストスピーカーによる講演からなる社内イベントを開催しました。後編では、パパ社員のパネルディスカッションと、ゲストスピーカーの講演の模様をお伝えします。(前編はこちら

子育てが自分の成長にもつながる

2つ目のパネルディスカッションでは、仕事と子育てを両立させているパパ社員がパネリストとして登壇し、「オラクルパパ社員に聞く!子育てパパの実態とは?」をテーマに、自分たちが子育てに携わってきてよかったと感じたことについて、それぞれの経験に基づき語りました。ディスカッションはまず「日本オラクルは、仕事と子育てとの両立が可能な環境か?」という質問から始まり、パパ社員は3人からのコメントは、チームや関係者の理解や支援、育休などの制度取得、両立を推進する文化などを背景に、日本オラクルには仕事と子育てとの両立が十分可能な環境であるというものでした。「仕事への影響を含め、子育てに携わってきてよかったこと」については、「コミュニケーションの上で忍耐強くなった。自分の思い通りにならないことに対してイライラすることがなくなったし、相手の気持ちを考えるようになった。」「失敗に寛容になった。奥さんとのコミュニケーションをよりとるようになり、また効率を考えるようになった。」、「早寝早起きになったことは健康的にもよかったと思う。また、地域の子どもたちとも触れ合うことで、どうやったら伝わるかを日々考えるようになった。」と、家庭での関係性や仕事においてポジティブに働いた点がそれぞれの経験と合わせて紹介されました。

パパ社員によるパネルディスカッションの模様(撮影:日本オラクル)

このイベントには、青山オフィスの会場だけでなく、日本オラクル大阪支社に勤務する女性従業員も、「支社で働く女性が望むこと」と題したビデオメッセージとともにリモート参加しました。大阪支社の女性従業員からの職場環境向上のアイデアとして「Hygge(読み:ヒュッゲ、デンマーク語で「居心地がいい、心が安らぐ」)」という概念を紹介し、その概念を基に考えた2つの施策として「もぐもぐタイム」、「リモート環境」の充実が提案されました。そして、「今回のイベントをきっかけに、自分たちの働く場所、これからの働き方について考えていきたい」と、メッセージを締めくくりました。

ゲストスピーカーが講演

ゲストスピーカーの講演では、まず、Child Family Consultant Professionalの川合良子さんから、「『子育て学』は人を成長させ、企業を大きくする」と題して、子育てに孤軍奮闘しているパパ・ママが自分らしい子育てを楽しみ、子育てを通して自分も成長することを提唱する『子育て学』についてお話しいただきました。パパ社員のパネルディスカッションでも、子育てに携わって、自分が成長できたという意見が出ていましたが、川合さんは「「子育てに関わる保護者や人の成長」と「豊かな心と言葉を持つ子どもの育成」 を実現することが、社会、企業活動に連動し、企業にとって良い結果が生まれる」と提唱されていました。2つ目の講演には、女性従業員比率89%の株式会社waja代表取締役COOの小安光司さんとFASHION CHARITY PROJECT(FCP)ディレクターの土持梨奈さんが登壇、女性の活躍の場は無限であることを世界に認知させた同社が手掛けるファッションECビジネスについて、そして女性が輝き続けることによる社会への影響力についてお話しいただきました。また、ダイバーシティや働き方改革に必要なこととして、「改革とかイノベーションとか大げさになっているが、小さいことでもきちんと実践していくことだと思います。重要なのは浸透させること、周りも理解した状況で、きちんと実践していくことだと思います。」(小安さん)「個人の意識改革と発信が重要。社会課題であるという認識を持って、他に実践している人たちの成功体験を共有していければいいと思います。イノベーションは個人からだと思っています。」(土持さん)と、お二人とも意識の持ち方が重要とされていました。

左:Child Family Consultant Professional 川合良子氏 右:株式会社waja代表取締役COOの小安光司氏、FASHION CHARITY PROJECT(FCP)ディレクター 土持梨奈氏(撮影日本オラクル)

イベントの最後には、OWLの日本のリーダーであるクラウド・システム事業統括 事業統括本部長 斉藤 千春が挨拶し、当日参加できなかった日本オラクル CEOのフランク・オーバーマイヤーからの「日本オラクルは、女性活躍推進に引き続き全社で取り組んでいく。」という力強いビデオメッセージを紹介しました。そして、参加者や登壇者への感謝の意を述べるとともに、「今日のイベントが良い気づきの機会となればと思う。オーバーマイヤーCEOのメッセージの通り、日本オラクルは女性活躍推進にフルコミットしていきますので、皆さんの一歩一歩の前進を、OWLとしてもいっしょに進めていきたいと思っています。」とコメントし、イベントを総括しました。

日本オラクル クラウド・システム事業統括 事業統括本部長 斉藤 千春(撮影:日本オラクル)

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.Captcha

Recent Content