X

A blog about Oracle Japan News Portal

ミズノ、国内グループの基幹業務システムのIT基盤を、最新版の高速データベース・マシン「Oracle Exadata X6」へのアップグレードにより刷新

本日、総合スポーツメーカーのミズノ株式会社が、グループ会社を含む共通の基幹業務システムとして運用しているオラクルのERPソフトウェア「JD Edwards EnterpriseOne」が稼働するIT基盤を、最新版の高速データベース・マシン「Oracle Exadata Database Machine X6」へのアップグレードにより刷新することを発表しました。発表資料はこちら

ミズノでは、グローバルビジネスの拡大と国内事業基盤の強化を目指し、経営のスピード化、ビジネス可視化に貢献するIT基盤の構築を目指しています。その一環として、従来メインフレームで稼動していたシステムをオープン系システムに移行するとともに、本社およびグループ会社において個別に運用してきた業務システムとデータウェアハウス用途のデータベース・サーバーを統合することで、グループ全体のITコストを削減しシステム運用の効率化を図るため、オラクルの「JD Edwards EnterpriseOne」と「Oracle Exadata」の組み合わせによる基幹業務システムを2013年より運用してきました。

ミズノはさらなるグローバル展開の強化を図るため、既存の「Oracle Exadata」のアップグレードによりIT基盤を刷新することを決定しました。さらに、今後の新サービス提供を見据え、開発検証および災害対策用途にも新たに「Oracle Exadata」を追加採用しました。また、ミズノでは、新サービス開発向けの開発・検証環境として、オラクルのPaaSである「Oracle Cloud Platform」製品群を合わせて採用しました。

ミズノが取り扱う品目は多様で何十万という膨大な量に上るため、リアルタイムの在庫管理と短時間での大量の受注出荷処理を実現できるメインフレーム同等に強力なIT基盤が必要とされています。アップグレードにあたっては、「Oracle Exadata」の「JD Edwards EnterpriseOne」との親和性と、従来のメインフレーム・システムと同等のトランザクション処理を安定的に支えてきた処理性能、高可用性および拡張性が評価されました。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.