X

A blog about Oracle Japan News Portal

IFRS対応を支援するソリューションをB-EN-G、日本HPと日本オラクルが発表しました。

本日、B-EN-G、日本HPと日本オラクルの3社は企業のIFRS対応に向けて、ソフトウェア、ハードウェアと導入支援サービスを統合して提供していくという発表を行いました。発表資料はこちら

IFRS対応ではグループ経営の重要性が増し、グループ全体を効率的かつ効果的に管理し、グループ全体の情報を迅速に把握できる情報システムが求められます。

「Oracle E-Business Suite R12」と、すでにパフォーマンスチューニング、技術検証や構成の最適化を完了した日本HPのITインフラ統合ソリューション「HP BladeSystem Matrix」に、B-EN-Gの製造業向け短期導入支援サービス「b-MD」を統合的に提供していきます。グループ全体で統一されたシステムの活用は今後も加速することは間違いなく、業務アプリケーションの部分だけなく、ミドルウェアやデータベースなどテクノロジーやハードウェアまで含めて最適化された統合的なソリューションの提案が必要不可欠になるでしょう。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.

Recent Content