X

A blog about Oracle Japan News Portal

  • March 27, 2015

HBA、流通業向けクラウド・サービスのデータベース基盤に「Oracle Database Appliance」を導入

Norihito Yachita
広報室長

本日、北海道を中心にITサービスを提供する株式会社HBA(本社:北海道札幌市中央区、代表取締役社長:大谷 勇、以下:HBA)の流通業向けクラウド・サービスのデータベース基盤に、オラクルの高可用性データベースとハードウェアを一体化したエンジニアド・システム「Oracle Database Appliance」を導入し、稼働開始したことを発表します。発表資料はこちら

HBA
は、北海道を地盤に基幹系業務のシステム・インテグレーションをはじめ、組み込み機器やネットワーク分野のソフトウェア開発、データセンターを中心とするクラウド・サービスや、請求書や源泉徴収票などの印刷・加工・発送サービスを含むBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)などの総合的なITソリューションを提供しています。今回刷新したデータベース・システムは、販売管理システムや小売業向けEDI(電子データ交換)のソリューションをSaaS型で提供する流通業向けクラウド・サービスの基盤のひとつで、特にお客様の操作に直結するミッション・クリティカルな領域を担います。

本システムは従来、
UNIXサーバー上で「Oracle Database」を稼働していましたが、各種ハードウェアで事前検証を行い、比較・検討した結果、パフォーマンスの改善、障害時におけるデータ保護を実現するため、高可用性・高信頼性に定評のある「Oracle Database Enterprise
Edition
」専用に開発された「Oracle Database Appliance」を採用しました。事前構成済みの「Oracle Database Appliance」により導入後、約1カ月でクラウド・サービスの基盤として展開しました。本稼働後、一部の処理ではチューニングを施すことなく35倍の性能改善を実現し、また、アクセスが殺到し処理遅延が発生していた時間帯の負荷も大幅に改善されるなど、サービス品質の向上に寄与しています。導入前の実機検証も、これまでのデータベースに関する知見を活用し、メーカー・サポートを使用することなく、約2週間で性能評価ならびに障害を想定したフェイルオーバーの確認まで実施しました。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.

Recent Content