X

A blog about Oracle Japan News Portal

サッカーW杯:選手の評価、VAR、得点王をデータで分析

Norihito Yachita
広報室長

ロシアで行われている第21回サッカーワールドカップ。私たちを3週間以上も魅了し続けていますが、間もなく終わりを迎えようとしています。このブログ執筆時点で行われた56試合で、146ゴールが決められ、189枚のイエローカードが出されました。お気に入りのスペイン、前回覇者のドイツ、同決勝進出のアルゼンチンは早々に帰国を余儀なくされました。

このブログシリーズでは、“少しマニアック”なデータから、Oracle Analytics Cloudを使用して分析しています。決勝トーナメントに残ったチームは、私たちが期待していたものではないかもしれませんが、過去の大会と比較してみることにしました。


選手の評価


まず、選手が期待通りの活躍をしているかを分析したく、FIFA 2018のデータセットの関連する統計を見つけることにしました。興味深いことに、チームの平均よりも高く評価されている選手(アルゼンチンのメッシ、ポルトガルのロナウドなど)を抱えるチームは比較的早く敗退しているということです。確かに、ブラジルとウルグアイは評価が9以上の選手を唯一人いるチームです。ロシア、クロアチア、イングランドのようなチームの選手は、より均等に格付けされています。おそらく今大会においては、これらのチームの1つが勝ち上がり、チームワークを結集し報われることになるでしょう。

開催地域・大陸の優位性は維持


前回のブログでは、大会を開催することでその地域・大陸のチームにいくつかメリットがあることを実証しました。確かに、今大会で強豪国に勝利した試合のひとつが、スペインとロシアの試合でした。ワールドカップが出場国の地域・大陸で開催されたときに、より良い成果を上げていることも発見しました。そして、欧州のチームはロシアで健闘しています。準々決勝に進出したチームのうち6チームは欧州の国々、残りが南米です。

VARは判定への抗議を反映しているか?

これは今大会の議論のポイントになっていますが、VAR(ビデオ・アシスタントレフェリー)はゴール数にどのくらいのインパクトを与えているのでしょうか?実際、期待するほどではありません。これまでの平均得点は、過去6回の大会で記録したゴールとほぼ同じです。それが決勝に進むに連れ、あと何ゴール記録されるのか興味深いポイントでしょう。

ただ、今大会はペナルティーキック(PK)の数が突出しています。試合当たりのPKの数が0.55で、この割合が続くと、最終的に35回のPKを行うことになり、過去の記録である18回を大きく越えることになります。 

誰が得点王に輝くのか?



これまでに、どのチームが多くのゴールを決めているのでしょうか?このグラフは、どのチームが最もゴールを決めているのかを示すために、大会のグループステージのデータを収集しています。最もゴールをあげているチームは、右下隅に配置されています。ベルギーは得点と失点の差が最も大きく、イングランド、クロアチア、ロシアが続きます。ちなみに、イングランド、クロアチア、ロシアはすべてPK戦で準々決勝に進んだので、グループステージでの枠内に飛んだシュートはおそらく、狙ったとおりボールを蹴るいい練習になったかもしれません。

それでは得点王が手にする“ゴールデンブーツ”は誰に?イングランドのハリー・ケイン(6点)とベルギーのロメル・ルカク(4点)は、今大会のチームで重要な役割を果たしています。もしハリー・ケインが得点王になれば、1986年のゲーリー・リネカー以来、イングランド代表選手の獲得となるでしょう。

試合終了の笛

興味深いことに、今大会に躍進したチームは想定とは違っているかもしれませんが、過去何大会で目にしてきている平均的内容になっていることがデータでも証明されてきています。感情的なショックは必ずしも実態における差異に等しいとは限らず、それはスポーツ界と同じくらいビジネスにも当てはまります。

有り難いことに、実際に何が起こっているのかを示すためにデータが常に存在しています。だから、セルフサービスのデータ可視化ツールを利用することが非常に重要です。データを解読するスキルが必ずしも得意でなくとも、自らの情報を理解し、前提条件に挑戦できるようになります。

ですから、あなたが持つデータで何か驚きの発見をしてみてはどうでしょう。短いデモを見て、データ可視化を作成する方法を学ぶためにOracle Analytics Cloudに試しに登録してください。スプレッドシートとの格闘よりもはるかに簡単で、よりよいビジネス成果を得るためには思い込みを“覆す”ものが見つけるかもしれません。

今大会、どの国がワールドカップを手にするのか注目です。あなたの国がまだ勝ち進んでいる場合は、夢を見てください!

著者:オラクル・コーポレーション 欧州・中東・アフリカ地域 ビッグデータ&アナリティクス マーケティング担当ディレクター ウィリアム・トロットマン

本ブログは、The World Cup: Analyzing the Finals and Playersを抄訳しています。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.Captcha