X

A blog about Oracle Japan News Portal

AGC旭硝子、営業生産性向上のためオラクル・マーケティング・クラウドを採用

本日、旭硝子株式会社(本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役 兼 社長執行役員:島村 琢哉、以下、AGC旭硝子)が、デジタルを活用した営業活動の促進に向けて、マーケティング業務向けクラウド・アプリケーション製品群「Oracle Marketing Cloud」のマーケティング・オートメーション製品「Oracle Eloqua」を採用したことを発表しました。発表資料はこちら

AGC旭硝子は、建築・自動車用ガラスだけでなく、基礎化学品からフッ素系高機能化学品など多様な製品・ソリューションを提供しています。AGC旭硝子では昨今、顧客の購買行動の変化により、顧客がAGC旭硝子のWebサイトから直接情報収集することが増加していました。それに伴い、AGC旭硝子では、オンライン上の顧客行動情報を取得可能なマーケティング・オートメーションの仕組みを比較検討した結果、オンライン上の顧客の行動をメールやリンクへのアクセスなど詳細に把握でき、かつ確度の高い見込み客の絞り込みを実現できるグローバル対応製品である「Oracle Eloqua」を採用しました。

AGC旭硝子は、「Oracle Eloqua」を以下の点で評価しています。
・グローバル展開が可能な点
・担当や組織毎に閲覧権限を設定できる強固なセキュリティ
・他社のマーケティング・クラウド・サービスと比較して、高度なメール配信が可能な点
・マーケティング活動で得た顧客のオンライン行動情報を一元的に管理・把握が可能で、主要な営業支援システムとも連携し共有できる点

 

 

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.