X

A blog about Oracle Japan News Portal

求人問合せ件数前年比450%増加。医師転職ドットコム運営のメディウェル、オラクルのマーケティング・クラウドを有効活用

本日、株式会社 メディウェル(本社:北海道札幌市中央区、代表取締役:中村 知廣)が、多様なニーズを持つ医療従事者に向けた最適なデジタル・コミュニケーションを行う目的で、オラクルのマーケティング・クラウドである「Oracle CX Marketing」のマーケティング・オートメーション「Oracle Eloqua」を活用し、登録者からの求人の問合せと求人紹介の再希望件数が約4.5倍増加*したことを発表しました。発表資料はこちら

*メディウェル調べ

 

メディウェルは、医療機関を対象とした経営コンサルティングや多様な働き方を求める医療従事者向けの紹介・派遣事業を展開しています。医師の人材紹介事業では、診療科、勤務地や年収、異動のタイミングなど異なる条件を希望する医師の興味関心に応じた勤務先を紹介する上で、マッチングレベルを維持したままでの提案数の最大化と提供スピードが課題となっていました。メール配信ツールは利用していましたが、自社で運営する複数ウェブサイトの閲覧履歴のトラッキングやターゲットの細かいセグメンテーション設定が困難でした。この課題を改善する目的で、閲覧情報を基にしたパーソナライズされたデジタル・コミュニケーションを実現できる「Oracle Eloqua」を採用しました。「Oracle Eloqua」の活用により、適切なターゲットに対して、適切なコンテンツとタイミングでコミュニケーションを自動化でき、導入前と比較し、メールマーケティングでの求人提供数が16倍に増加*し、よりパーソナライズした求人提供ができるようになりました。その結果、求人の問合せと求人紹介の再希望件数が約4.5倍に増加しました。

*メディウェル調べ

 

Oracle Eloqua」を活用する利点は次のとおりです:

  • メディウェルの複数ウェブサイトをまたいだ閲覧履歴から登録者の興味関心が把握でき、どのページをクリックしたなどの情報を基にコミュニケーションの設計が可能
  • 登録者属性とオンライン上での行動を掛け合わせたスコアリングによる登録者のグルーピングと、マーケティングの目的に合った細かいセグメンテーションで自動化が可能
  • クラウド・サービスを継続的に利用するにあたり、オラクルのカスタマー・サクセス・マネージャーがメディウェルのビジネス成長に合わせた最適な利用方法に関する提案や支援を提供

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.