X

A blog about Oracle Japan News Portal

鹿島、Oracle Cloud HCMを拡充し、人材開発の強化による収益力と社員生産性を向上 

本日、鹿島建設株式会社が、VUCA*時代に必要となる俊敏性を備えた戦略的な人材管理・育成の実施を目的に、オラクルの人材管理クラウド「Oracle Cloud HCM の「Oracle Learningを採用したことを発表しました。発表資料はこちら
* Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字で、社会経済環境がきわめて予測困難な状況に直面していることを表現

同社では、環境の変化を把握し、それに適応しながら建設バリューチェーン全体を通した収益力の向上を実現するためには、会社が主導する従来型のキャリア開発にとどまらず、社員一人ひとりが自ら主体的に能力・スキルを向上させる仕組みの構築と、将来展望を踏まえた人材育成が必要と認識しています。そのため社員が自身のキャリア目標を表明し、それに応じた研修やセミナーを受講する等、自発的に自己研鑽に励むこと、一方で人事担当者が社員のキャリア形成に必要な情報(職務経歴、キャリア目標、研修履歴等)を的確に把握し、戦略的な人材配置に活用できる仕組みを整備することが不可欠と判断しました。20206月に一部稼働を開始した「Oracle Talent Management」により、約1万人の社員のキャリアに関する情報を一元管理するとともに、将来のキャリア目標を登録・活用することが可能になりましたが、この度、新たに「Oracle Learningを採用し、「Oracle Talent Management」と連携し活用していきます。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.

Recent Content