X

A blog about Oracle Japan News Portal

住友ベークライト、主力事業の海外4拠点のサプライチェーン最適化に向けてオラクルのERPクラウドを導入

本日、高機能プラスチック製造等を中心にグローバル規模で事業展開する住友ベークライト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:藤原 一彦)が、海外4拠点*におけるサプライチェーンから会計までの経営情報の一元化と業務標準化に加え、内部統制を強化する目的で、オラクルのクラウドERPである「Oracle Fusion Cloud ERP」の導入を開始し、この度、マカオ拠点で稼働したことを発表しました。発表資料はこちら

*海外4拠点(マカオ、マレーシア、インドネシア、シンガポール)

 

住友ベークライトは、日本で初めてプラスチック製造を行った会社を起源に、主力事業である高機能プラスチックや半導体関連材料等の製造をグローバルで展開しています。従来、海外4拠点それぞれでERPを導入し、カスタマイズして使用していたため、業務プロセスが共通化されておらず、事業経営全体の運営において情報収集も十分ではありませんでした。そこで、経営情報の一元化と業務標準化を目指し、海外製造販売子会社全体に最適なシステムを模索していました。

 

今回、新しい経営基盤として、住友ベークライトは海外4拠点に「Oracle Fusion Cloud ERP」をサプライチェーンから会計まで導入し、各拠点の見える化、業務プロセスの標準化による効率化、内部統制の強化を実現します。具体的には、海外拠点のさまざまな活動の最適化と見える化を行うため、品目や顧客情報のマスター・データを一元化し、業務プロセスとレポート等の標準テンプレートを作成したうえで、単一のERP上に複数の工場のオペレーションを実装しました。これにより、原料から製品に至るロット情報を、より厳密・迅速に管理・追跡できるようになりました。また、会計情報に紐付いたリアルタイムな現場の情報を入手できるようになったことで、販売・生産戦略など、迅速かつ全体最適な視点で意思決定を行えるようになりました。今後は将来の事業拡大を見据えた経営基盤として短期間での横展開を行う予定です。

 

Oracle Fusion Cloud ERP」を採用したポイントは次のとおりです:

  • 従来、拠点毎に導入していたERPを、「Oracle Fusion Cloud ERP」に統合することで、マスター・データと業務データとを統合でき、業務間プロセスの自動化や厳密なロット管理が行えるようになり、経営情報の見える化を実現
  • クラウド上の自動的な機能追加により、常に最先端のテクノロジーが反映され、組み込み型BIなど各拠点の分析・レポート業務の効率化に活用
  • 次世代クラウドである「Oracle Cloud Infrastructure」上で稼働する「Oracle Fusion Cloud ERP」により、今後、順次導入する海外拠点における運用保守コストの低減を実現

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.