X

A blog about Oracle Japan News Portal

アプリケーションに新たなAIを搭載し、次世代の経理・財務業務を強力に支援

経理・財務領域にAIによるインテリジェンス機能を組み込むことにより、迅速な判断と業務効率の向上を支援し、企業の収益拡大とコスト削減を実現

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は本日、人工知能(AI)を搭載した新たな経理・財務領域の拡張アプリケーションを発表しました。「Oracle Adaptive Intelligent Applications for Enterprise Resource Planning(ERP)」は、高度なデータ・サイエンスや機械学習を「Oracle Data Cloud」やパートナーから得たデータに適用することによって、取引業務の自動化やビジネス・プロセスの合理化を支援します。これにより、財務担当者は変化に適応し、新たな市場機会を収益に結びつけ、利益率の向上を目指すことが可能になります。発表資料はこちら


「Oracle Adaptive Intelligent Applications for ERP」は財務、調達、業績管理、発注管理、生産管理など、「ERP Cloud suite」に含まれる既存アプリケーションの機能を強化するよう設計されています。
 
オラクルのアプリケーション開発担当シニア・バイス・プレジデントのロンディ・ウは次のように述べています。「ビジネスの俊敏性を高めるため、企業は業務プロセス効率を改善し、ビジネス前進のための指針となるインサイトが得られるよう、適切なツールを活用する必要があります。オラクルは、業界で最も包括的なクラウド・アプリケーション製品群に高度な機械学習を組み合わせ、すぐに活用できるアプリケーションを提供することで、素早く価値を生み成果を出し、財務リーダーのビジネス改革推進を支援します。」
 
「Oracle Adaptive Intelligent Applications for ERP」は財務担当者に以下のような利点を提供します。
  • より優れたインサイト:アナリティクスやAIを経理・財務に応用することで、売掛・買掛業務から調達、決算業務における、業務パフォーマンスの向上やプロセスの機敏性を高めることができます。さらにインテリジェント機能により、例えばベンダー選定における異常値を検知することで、ベンダー・リスクや不正行為の回避にも役立ちます。
  • 大幅な効率化:ロボットによるプロセスの自動化やAI機能によるタッチレス処理を実現し、人的ミスの可能性を最少化します。
  • より洗練された意思決定支援:オラクルはあらゆる業務アプリケーションに機械学習を組み込むことによって、業務の迅速化に大きな影響力を発揮します。これは、「Oracle Data Cloud」やパートナーから得るデータを活用し、財務、人事、プロジェクト管理など複数のチャネルやプラットフォーム全体からインサイトを導き出すことによって、ビジネスの戦略的な意思決定を支援します。
  • 影響力の拡大:AIの活用で豊富なインサイトを得られるようになり、ビジネスの先行きを予測した適切な判断が下せるようになります。これにより最高財務責任者(CFO)を始めとする財務担当者は企業内での影響力を高めることができます。
例えば、全国展開する大手小売業の財務部門は、「Oracle Adaptive Intelligent Applications for ERP」を活用することで、購入履歴や売上比率、割引率といったサプライヤーに関するファースト・パーティ・データに加え、サード・パーティ・データ(売上高や信用情報などの企業属性)を合わせて収集することができます。こうした情報をもとに財務部門では納入品質は維持しながら調達コストを最大限に抑えるために、どのサプライヤーとの取引を倍加し、どのサプライヤーとの取引を停止するべきかの判断を下すことができます。データを基にしたインサイトをもとに迅速な調整を行うことで、組織における財務部門の価値が高まり、CEOが業績改善のための戦略的な提言を求める際にもCFOや財務部門への依存度が高まるようになります。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.

Recent Content