X

A blog about Oracle Japan News Portal

AIが従業員のストレスやメンタル不調に対処する方法

Norihito Yachita
広報室長

著:オラクル・コーポレーション エミリー・ヒー

“AI”ボットという言葉からは、冷たくて非人間的なテクノロジー、つまり人間とは正反対のものを思い浮かべることがあります。しかし、先ほど発表された「Oracle AI@Work 2020」調査によると、AIを適用することで、従業員がプライベートな悩みを打ち明けやすくなるということが、思っている以上に多いようです。

印象的な発見の1つは、約12,000人の調査対象者の68%が仕事上のストレスについて上司よりもロボットと話したいと答えたことです。さらに、回答者の大多数である80%が、不安に対処するためのセラピーやカウンセリングにロボットを使用することに「オープン」であると回答しています。この調査では、ロボットを「AIを使ったセラピストやチャットボットのカウンセラー」と定義しています。

COVID -19の大流行により、過去7カ月間で人口のあらゆるセグメントでストレスが急増していることを考えると、これは正しい結果かもしれません。また、調査対象者の70%が、今年は昨年よりも仕事上の不安を感じていると答えています。

ロボットが秘密を打ち明けられる友人として受け入れられることには理由があります。従業員支援プログラム(EAP)やその他の福利厚生に関する情報を探している従業員が人間のマネージャーに助けを求める際、否定的な反応を示す(または反応しているように見える)のに対し、ロボットは“判断しない”区域を提供することです。あえて判断しないということは、メンタルヘルス不調の兆候があり、自分や自分の仕事に悪い影響となるのではと考える人にとって重要なことです。

自分の困難をマネージャーに話すことを躊躇するのは容易に理解できます。この躊躇は人間関係の限界を示しており、ロボットが人間関係の問題を抱えた人々を助ける可能性があることを示しています。

今回の調査はそれを裏付けています。調査対象者のわずか18%が、自分のメンタルヘルスをサポートする際に、ロボットよりも人間の方が良いと答えています。34%が、前述の“無批判区域(決めつけのない環境)”を提供してくれると考えていると回答し、さらに30%が問題を共有するための偏りのないチャネルとしてロボットを利用すると考えており、29%が健康関連の質問に対して迅速に回答を提供してくれると回答しています。

ボット対人間の対話を望む人の数は眉をひそめるかもしれないが、ここには傾向があります。例えば、昨年のOracle AI@Work調査では、調査対象者の64%が上司よりもロボットを信頼しており、50%以上がアドバイスを求める際、上司よりもロボットに頼ることがわかりました。前年の調査では、回答者の93%という大多数がロボットから指示を受けたいと答えていました。しかし、今年の結果は、人間関係の限界、すなわち、特に職場でのメンタルヘルスに深く根ざした判断とその結果としてのスティグマを明らかにしています。

仕事上のストレスは新しいものではありません。今年の違いは、パンデミックの影響で不安がさらに増していることです。また、多くの人が自宅で仕事ができることを好んでいる一方で、41%の人がリモートワークによって仕事と家庭生活の境界がなくなると答えています。さらに、回答者の35%が、COVID-19が流行する前よりも月に40時間以上余分に働いていると回答しています。

COVID-19の流行は、従業員のメンタルヘルスへの注意を喚起し、組織が行動を起こすきっかけとなっています。今年の結果から明らかなのは、人々が雇用主に対して、増加するストレスに対処するための支援をもっとしてほしいと望んでいるということです。回答者の4分の3以上(76%)が、企業は従業員のメンタルヘルスを守るためにもっと努力すべきだと答え、半数以上(51%)がメンタルヘルスの問題に対処するためのサービスを増やしたと答えています。

企業はこのデータを注意深く見る必要があります。ストレスを感じている従業員や落ち込んでいる従業員は、定義上、幸せで生産的な個人とは言えないからです。そして、これらの数字は、全体としての生産性に影響を与えることを意味しています。今年はストレスの増加を報告する人の数が非常に多いことを考えると、雇用主はこれらの懸念に対応し、ネガティブをポジティブに変えるのに役立つAIベースのツールを含むサービスに投資することをお勧めします。

本記事はHow AI Can Help Employees Deal with Stress and Enhance Mental Healthを抄訳しています。

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.

Recent Content